フランスで「懺悔専用電話」登場 カトリック司祭ら反発

2010年3月4日09時38分 印刷

 フランスでカトリック信徒向けのサービス「懺悔専用電話」が登場し、司祭らの反発を招いている。AFP通信が伝えた。



 同サービスは祈祷や荘厳な音楽などが流れる中、自分の懺悔を録音したり、他人が録音した懺悔を聞くことができるというもので、司祭が行う「罪の赦し」を提供するものではなく、電話の向こうは無人で懺悔を聞いてくれる人もいないという。料金は通話料に加えサービス料として1分当たり0.34ユーロ(約41円)がかかり、収益の一部は慈善団体に寄付されるという。 



 同通信によると、パリの電話サービス会社AABAS社員のカトリック信徒らが四旬節に合わせて始めたもので、開始後1週間で約300回の利用があったという。



 しかし、同国のカトリック指導者団体は「同サービスは当方の承認を受けていない」とする警告書を出し、反対の姿勢を見せている。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


の最新記事 の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース