教会襲撃を計画した疑いでさらに3人逮捕 フランス

2015年5月1日14時37分 記者 : 木下優紀 印刷
関連タグ:フランス

フランス・パリ近郊で少なくとも1つの教会への襲撃計画に関与した疑いで、4月26日にさらに3人が逮捕された。

フランス警察は、身元が分からない男の容疑者3人が、22日にパリ近郊で1、2カ所の教会を襲撃する計画を立てた疑いで逮捕されたシド・アフメド・グラム容疑者と関連があるとみて捜査している。

フランス警察によれば、3人の男は現在留置され、反テロリスト担当捜査官の取り調べを受けているという。3人のうち2人のDNAがグラム容疑者の部屋で発見されており、1人は寝室で、もう1人はヘアブラシから検出された。英インディペンデント紙によると、残りの1人は物流面での支援を行っていた可能性がある。

アルジェリア出身のグラム容疑者は24歳の学生で、過去にシリアへの渡航の意志を公に示したことがあり、当局からもマークされていた。19日朝に自身の足を誤射し、救急車で搬送されたが、その後教会への襲撃を計画していた疑いで警察へ連行された。

ベルナール・カズヌーブ内相によると、グラム容疑者が襲撃を計画していたことを「明らかに示唆する」メモが発見され、さらにカラシニコフ銃3丁と防弾チョッキなども押収された。

パリの主任検事は、グラム容疑者が電話やパソコンで、シリアに滞在しているとみられるフランス語を話す者とコンタクトを取り、教会への襲撃を実行するよう指示されていたと推測している。グラム容疑者が何らかのテロ組織と直接関係があるかはまだ明らかになっていない。

また、グラム容疑者は、19日に車の中から遺体で見つかった32歳の女性オーレリー・シャトランさんの死に関与した疑いも持たれている。遺体の頭部には、銃で3発撃たれた痕があった。

グラム容疑者は24日、殺人と殺人未遂、また犯罪を目的に犯罪者と関係を持った罪で起訴された。

フランスでは、1月にパリで起こったイスラム過激主義者による襲撃事件による動揺がいまだに残っている。風刺紙シャルリー・エブド社とユダヤ系スーパーマーケットの襲撃事件では17人が死亡した。マニュエル・バルス首相によると、フランスの情報機関はその後5件の襲撃計画の実行を未然に防いだという。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。
関連タグ:フランス

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース