米英仏首脳ら、後藤健二さん殺害受け非難声明

2015年2月1日14時57分 印刷
+米英仏首脳ら、後藤健二さん殺害映像受け非難声明
左から、バラク・オバマ米大統領、デイビッド・キャメロン英首相、フランソワ・オランド仏大統領(写真:Pete Souza / Jean-Marc Ayrault)

イスラム教過激派組織「イスラム国」が1日、拘束中の後藤健二さんを殺害したとみられる新たな映像を公開したことを受け、米国や英国、フランスの各国首脳が非難する声明を発表した。日本との連帯を強調し、屈せずテロとの闘いを継続していくことを強調した。

米国のバラク・オバマ大統領は映像公開後、すぐに緊急の声明を発表。NHKは「異例の早さ」と伝えている。

オバマ米大統領の声明原文英語

米国は、テロ組織「イスラム国」による、日本の国民でありジャーナリストの後藤健二氏のこの非道な殺害を非難する。後藤氏は、その報道により、勇敢にシリア国民の苦境を世界に伝えようとしてきた。われわれの思いは、後藤氏の家族、また後藤氏の愛する人々とあり、われわれは、安倍首相と日本国民と共にきょう連帯して立ち、この野蛮な行為を非難する。

われわれは、中東における紛争で苦しむ罪なき人々への寛大な支援を含む、日本の中東また世界における、平和と繁栄へ向けた促進のための揺るがない約束を賞賛する。同盟国や連携国の連合と共に立ち、米国は、イスラム国を落としめ、根源的に壊滅する断固とした行動を取り続ける。

一方、英国のデイビッド・キャメロン首相も同日、声明を発表。「これは、イスラム国が悪の具現化であり、人の命を全く顧みないことを、あらためて思い起こさせるものだ」と厳しく批判した。

キャメロン英首相の声明原文英語

後藤健二氏の卑劣でおざましい殺害を断固として非難する。これは、イスラム国が悪の具現化であり、人の命を全く顧みないことを、あらためて思い起こさせるものだ。

罪なき2人の一般市民が、このような残酷な形で殺害され、私の思いと祈りは、後藤氏と湯川氏の家族、そして日本国民と共にある。英国はこの悲劇の時に日本と連合して立ち、時間がかかろうとも、われわれはこれらの殺人者を捜し出し、裁きへと連れ出す。

中東の平和と安定、繁栄を守るため、国際社会と協力し、日本の精力的な役割を継続するとする、安倍首相の揺るがない約束を歓迎する。この地域で日本が提供している人道支援は、われらの罪なき人々を殺害したテロリスト、イスラム国によって同じく苦しんでいる現地のコミュニティーを助ける極めて重要なものだ。

日本政府がテロに屈しないことは正しいことだ。われわれがイスラム国を打ち倒す道は、これらテロリストに屈服することによってではなく、彼らに対し、また彼らの有害なイデオロギーに立ち向かうことだ。決意と忍耐をもって、われわれは日本、また他の同盟国と共に働き、このテロリストの脅威を絶やし、寛容と平和の価値のために立ち上がる。

また、NHKによると、フランスのフランソワ・オランド大統領もこの日、声明を発表。「フランスはこの新たな事態に直面する日本政府を支援する。そして、中東に平和をもたらしテロ組織を壊滅させるために今後も協力を続けるだろう」と語った。

一方、菅官房長官は同日午前の記者会見で、殺害された男性について、総合的に判断して後藤さんである可能性が高いと語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース