なにゆえキリストの道なのか(28)仏教の究極的な課題―3点― 正木弥

2016年2月21日18時31分 コラムニスト : 正木弥 印刷
関連タグ:正木弥

仏教の究極的な課題―3点―

(1)雑多性、複合性、不整合性

仏教には雑多なものが不整合に複合している。本来の仏教は哲学であり、思想であるから、全体的に統合しているはずであるが、長い間に変遷し、菩薩や他宗の諸神も取り入れられ、民間の儀式や呪術、習俗を用い、死者儀礼から現世御利益、果ては神社参拝まで広く容認せられ、これらが複合化している。調整しようという試みもあるが、統一した・一貫した教理がないので、雑多なままである。

それらが釈迦仏教なのか、初期仏教なのか、上座部仏教なのか、大乗仏教なのか、密教なのか、禅宗のものかなど、どの時代のものを取り上げるかによって、また、どの教派のものを取り上げるかによって、内容が大きく異なる。特に、宗派によって、根本仏が違い、根本教典が違い、理想境地が違う。まことに不統一である。これが一つの宗教といえるのか、疑問である。

(2)人間創作性

釈迦は実質上の無神論・無霊魂の立場に立って悟りを開いた。その教えが口承により伝えられ、文章化されたが、後に、ジャータカなどの前生物語が創作され、また仏伝文学や仏讃文学が書かれ、それが仏の神格化、超人化をもたらした。つまり、仏教は、文学という人間文化の上に乗っかっているのだ。

なおまた、大乗諸仏(といわれる仏僧たち)により書かれた大乗経典や論師たちによって書かれた“論書”が後から後へと積み重ねられ、その流れはとどまることなく、後から現れた者は前の仏典について研究・注釈・探求を続け、その結果を加えてきた。そして、仏典数にして3千、巻物数にして1万2千という膨大な量に達してしまった。(一人の人が一生かかっても読み切れないのだ)。これらの人間創作性のゆえに、仏典相互の間に、齟齬(そご)、矛盾、不統一が溢れている。

このような実態を全体的に見渡すと、仏教とは、人間による宗教構築の努力であり、その積み重ねであるとの感を強くする。客観的・絶対的真理を発見してきたというよりも、自分たちの宗教的要求を満たすような思想・物語・儀式を造り上げてきた、というのが真相だ。インド・中国・日本の多くの求道者が仏教の名のもとで苦闘して打ち立てた思想・哲学・倫理などの総体だともいえよう。

その変遷の有様、相違点の多さ・大きさ、他宗教との混淆(こんこう)・習合の現実などを冷静に見ると、仏教の中に神聖さや絶対性を見ることができない。結局、仏教は、人間による思索・探求・願望・宗教的な営みの集積である、というほかない。

(3)心理性(非歴史性、非事実性)

釈迦の教えも阿毘達磨(アビダルマ、部派仏教の論書)も大乗諸経典その他の論書も人間心理を掘り下げて、共通する良いものを捜し出した哲学・倫理であるが、それが正しいと証明するものがない。現実の歴史の中で、外的事実により裏付けられることがない。釈迦が生きて、悟って、伝えて、死んだ。このこと以外に、諸仏や諸菩薩の存在とか救済の事実を証明するものがない。経典などにある物語は、衆生に教えるための方便(作り話)であって事実ではない(と、仏典解説者もそう説明している)。仏教徒や求道者の心理的な検証以外に何もない。

“心理的な真理”は主観的であって、万人にその正当性を主張することができない。そのままでは絶対的真理とはいえないのである。精緻な分析的な議論があり、卓説もあるが、また、目を奪うような儀式もあるが、結局、仏教には客観的な証拠はなく、それらしい事実がない。仏教は心の持ち方にすぎない、というほかない。「もしかしたら大いなる幻想かもしれない」、そう言われても反論する根拠がない。正しいと思う人には正しいであろうが、そう主張するだけのことで、経典の言うことが絶対正しいと裏付けるものがない。仏教による救済が確実という保証はない。

<<前回へ     次回へ>>

正木弥

正木弥(まさき・や)

1943年生まれ。香川県高松市出身。京都大学卒。17歳で信仰、40歳で召命を受け、48歳で公務員を辞め、単立恵みの森キリスト教会牧師となる。現在、アイオーンキリスト教会を開拓中。著書に『ザグロスの高原を行く』『創造論と進化論 〜覚え書〜 古い地球説から』『仏教に魂を託せるか』『ものみの塔の新世界訳聖書は改ざん聖書』(ビブリア書房)など。

【正木弥著書】
なにゆえキリストの道なのか 〜ぶしつけな240の質問に答える〜 増補版
仏教に魂を託せるか 〜その全体像から見た問題点〜 改訂版
ザグロスの高原を行く イザヤによるクル王の遺産』(イーグレープ

【正木弥動画】
 おとなのための創作紙芝居『アリエルさんから見せられたこと』特設ページ

関連タグ:正木弥

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース