教皇、今月キューバでロシア正教会のキリル総主教と初会見

2016年2月5日23時52分 記者 : 行本尚史 印刷
+キリル総主教「ロシア正教会は政治的利益に資するべからず」「ウクライナには停戦が必要」
ロシア正教会のキリル総主教(写真:kremlin.ru)

バチカンとモスクワ総主教庁の共同声明によれば、教皇フランシスコとキリル・モスクワおよび全ロシア総主教は、12日にキューバで、初めての会見を持つことが明らかになった。バチカン放送局やロシア正教会の公式サイトなどが伝えた。

教皇は今月12日から18日までメキシコを司牧訪問するが、同時期、キリル総主教がキューバを公式訪問することから、メキシコ到着前の12日キューバに立ち寄ることで、総主教との出会いが可能になった。

声明によれば、カトリック教会とロシア正教会の最高指導者のこの出会いは、長い時間をかけて準備されたものであり、史上初めてのものとなる。この会見は、両教会の関係において重要な足跡をしるすこととなる。

バチカンとモスクワ総主教庁は、この会見が全ての善意の人々の希望のしるしとなることを願うとともに、全てのキリスト者に対し、この出会いを神が祝福し、よい実りをもたらすよう祈ってほしいと招いている。

声明によると、この会見ではハバナのホセ・マルティ国際空港で個人的な会話が行われ、そして共同宣言への署名がなされるという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース