キューバ

キューバでカトリック教会新設、革命後初 「信仰回復の新たな兆し」

キューバでカトリック教会新設、革命後初 「信仰回復の新たな兆し」

キューバ革命(1953〜59年)の終結から60年を迎えたキューバで、革命後初となるカトリック教会が、同国北西端に位置する小さな町サンディノに誕生した。カリブ海に浮かぶ社会主義国の「信仰回復の新たな兆し」だとする声も出ている。

2019年02月08日15時36分

キューバ旅客機墜落事故、死者112人に うち10人は牧師夫婦

キューバ旅客機墜落事故、死者112人に うち10人は牧師夫妻

キューバの首都ハバナの空港近くで18日に発生した国営クバーナ航空の旅客機墜落事故で、死亡した112人のうち10人が牧師とその妻であることが分かった。犠牲となった牧師夫妻らが所属する教会が確認した。

2018年05月29日22時24分

キューバのクリスチャン活動家、聖書没収の上、3年半の禁錮刑

キューバのクリスチャン活動家、聖書没収の上、3年半の禁錮刑

キューバのクリスチャン人権活動家が昨年、逮捕・投獄された事件の詳細が最近になって明らかになった。活動家の男性は、警察当局から家宅捜索を受けた上、聖書と十字架を没収され、禁錮3年半の判決を受けた。

2018年01月31日23時41分

米国との国交正常化に貢献したキューバのオルテガ枢機卿退任

キューバ革命後のカトリック教会の立て直しに尽力し、最近では米国との国交正常化交渉の舞台裏で重要な役目を果たしたハバナ大司教ハイメ・オルテガ枢機卿(79)が5月22日、35年の司牧活動に終止符を打った。

2016年06月01日22時54分

キューバ教会がカストロ政権と新地位協定へ

キューバのカストロ政権は、カトリック教会首脳と新地位協定締結への協議を開始した。カトリック諸団体の法的経済的権利について公式解釈を設定することを目的にしている。

2016年04月26日11時44分

オバマ大統領訪問の数時間前にキリスト教牧師が逮捕、勾留される キューバ

オバマ大統領訪問の数時間前にキリスト教牧師が逮捕、勾留される キューバ

著名牧師で信教の自由の活動家が20日、キューバで逮捕された。バラク・オバマ米大統領が公式訪問のために到着する数時間前のことだった。20日早朝、マリオ・フェリックス・ジェオナルト・バロッソ氏は逮捕前、自宅と教会が警察と治安部隊に包囲されたと伝えた。

2016年03月27日1時43分

米大統領、88年ぶりキューバを「歴史的訪問」

現職の米国大統領として88年ぶりにキューバを訪れたバラク・オバマ大統領は20日午後、雨の中を大統領専用機「エアフォースワン」がハバナのホセ・マルティ国際空港に着陸すると、すぐに自身のツイッターにスペイン語で「ケ・ボラ、キューバ?」と投稿、歴史的訪問を開始した。

2016年03月22日9時55分

教皇フランシスコとモスクワおよび全ロシアのキリル総主教の共同宣言全文

教皇フランシスコとモスクワおよび全ロシアのキリル総主教の共同宣言

以下は、12日にローマ教皇フランシスコとモスクワおよび全ロシアのキリル総主教が、キューバの首都ハバナで署名した共同宣言の全文の公式な英訳を、本紙が非公式に日本語訳したものである。

2016年02月18日21時42分

キリル総主教「ロシア正教会は政治的利益に資するべからず」「ウクライナには停戦が必要」

教皇、今月キューバでロシア正教会のキリル総主教と初会見

バチカンとモスクワ総主教庁の共同声明によれば、教皇フランシスコとキリル・モスクワおよび全ロシア総主教は、12日にキューバで、初めての会見を持つことが明らかになった。

2016年02月05日23時52分

宗教的迫害の増加に伴い「前代未聞」の規模の教会破壊が発生 キューバ

宗教的迫害の増加 「前代未聞」規模の教会破壊が発生 キューバ

信教の自由を守る慈善団体「世界キリスト教連帯」(CSW)の報告によると、キューバで「前代未聞」規模の教会破壊が起こっているという。昨年、キューバにおける信教の自由の侵害の件数は、2014年の220件に比べて約10倍の2300件に上った。

2016年01月21日21時13分

「信仰は山を動かし横切った」 キューバ難民、米国に向けコスタリカ通過許可 教皇の訴えを受け

「信仰は山を動かし横切った」 キューバ難民、米国に向けコスタリカ通過許可 教皇の訴えを受け

コスタリカで立ち往生させられていた8000人のキューバ難民をめぐる危機は、27日のアンジェラスの祈りの後、ローマ教皇フランシスコからの訴えが中米諸国の会議へとつながり、それが人道的な解決策に達したのを受けて解決された。

2015年12月30日16時56分

教皇、キューバ初訪問 カストロ元議長と会談

キューバと米国への司牧訪問のため、ローマを19日に特別機で出発した教皇フランシスコは、同日午後、最初の訪問国キューバのハバナ・ホセ・マルティ国際空港に到着した。教皇は出迎えたラウル・カストロ国家評議会議長と握手。続いてハバナ大司教のハイメ・オルテガ枢機卿と抱擁を交わした。

2015年09月29日17時17分

教皇、ハバナ到着 カストロ国家評議会議長と会談

教皇フランシスコが19日、キューバの首都ハバナのホセ・マルティ国際空港に到着した。22日までの滞在中、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談するほか、ハバナなど3都市でミサを行う。教皇はキューバに続き、米国を訪問。7月に国交回復した両国の関係改善を後押しする。

2015年09月22日11時08分

教皇のキューバ・米国・国連本部訪問詳細日程

教皇フランシスコは19日、キューバと米国への司牧訪問を開始した。28日まで10日間にわたるもので、教皇フランシスコにとって10回目の海外司牧訪問(イタリアは除く)となる。バチカン放送(日本語電子版)が明らかにした、教皇訪問日程は次の通り。

2015年09月22日11時07分

教皇、キューバで大規模な野外ミサ

アメリカとの国交を回復したキューバを初めて訪問した教皇フランシスコが、数万人が参加する大規模な野外ミサを行った。野外ミサは20日午前、ハバナ中心部にある革命広場で始まった。

2015年09月22日11時01分

アルゼンチン大統領、キューバでミサ出席

アルゼンチンのクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領が、キューバの首都ハバナを訪問、教皇フランシスコの主宰したミサに出席した。

2015年09月22日11時01分

キューバ、教皇訪問控え囚人3522人釈放へ

キューバ政府は、教皇フランシスコが19日から22日まで同国を訪問するのを前に、囚人3522人の釈放を決めた。共同通信が、キューバ共産党機関誌『グランマ』の11日付報道として伝えた。

2015年09月15日19時57分

キューバ革命以降初、カトリック教会の建設進む

キューバの首都ハバナの郊外で、カトリック教会の建設が進められ、来年には完成する見通し。1959年の社会主義革命以降初めてのことで、教会側が求めてきた宗教活動の自由化がどれほど進むか、内外の注目を集めている。

2015年09月01日17時44分

キューバで「聖書ブーム」 9月の教皇来訪にも期待高まる

米国との国交回復に踏み切ったキューバでは、キリスト教に対しても抑圧姿勢が弱まったことから、1959年の社会主義革命以降初めてカトリック教会の建設が進められるなど、宗教活動の自由化がどれほど進むか注目される事態になっている。

2015年08月25日12時07分

教皇が9月下旬訪米の往路にキューバ訪問

教皇フランシスコが9月下旬に米国を訪問する際、往路にキューバを訪問する。バチカン(ローマ教皇庁)報道事務所長のフェデリコ・ロンバルディ神父が22日、発表した。

2015年04月28日10時13分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース