「理想」と「現実」 西前拓

2016年1月31日06時54分 コラムニスト : 西前拓 印刷
+「理想」と「現実」 西前 拓
「悼」「in memory of Kenji Goto Yukawa Haruna we will never forget you」などと書かれたプラカードを持って、過激派組織「イスラム国」(IS)によって殺害された湯川遥菜(はるな)さんと後藤健二さんを追悼する集会に参加した人々=2015年2月8日、東京・渋谷駅前で

あれから一年がたつ。後藤健二さんが旅立ってしまったあの日から。眠れない日々が続いたあと、あの知らせを聞いて感情が吹き飛んでしまった。

内臓がわしづかみにされ、心の隅まで真っ黒に染まるほどの憤り。視野が薄暗くなって耳鳴りがするほどの悲しみ。何かをむちゃくちゃにぶち壊したくなるような衝動。そして、息をするのも嫌になるような絶望感。

どれも、今まで感じたことのないものだった。なぜこのような不条理な死が存在するのか、なぜ憎悪が連鎖反応を起こしてエスカレートしていくのか、問い続けた。

戦場の論理、政治の言葉で説明できることもある。貧困や格差など社会の言葉で解釈できることもある。しかし、いずれも起きていることの表面をなぞるだけで、その底にあるものに触れることはできないままでいる。このままでいいのだろうか。

本当にこの恐怖と憎悪の連鎖を断ち切ることができるのか、われわれは試されている、と感じる。毎日のように虫けらのように殺される罪もない人々、行き場を失ってさまよう難民、虐げられる子どもたち。われわれの社会でも、もはや当たり前のように横行する暴力、言葉による攻撃、後ろから刺されるように監視し合う目。暴力に晒(さら)されていると、自然に自分を防御せねばならなくなる。心を閉ざして非寛容にならざるを得なくなる。このままでいいのだろうか。

人間なんてどうせ殺し合う生き物だ、人類の歴史は殺し合いの歴史だ、だからどうしようもない、という声も聞く。確かにわれわれは生き物だ。生き物のルールは生き残ること。他の命を奪ってでも生きること、それが命の掟(おきて)だ。だからヒトはその存在の初めから、命を奪いながら生き残ってきた。

しかし、同時にあまりに苛酷な命の奪い合いではなく、助け合うことにより、命を全うする生き方も学んできた。群れを作り、コミュニティーを作り、ルールを作り、お互い助け合って暮らしてきた。

人間はCompassion、同情心、慈悲の心を育ててきた。命への思い、それを大切にし合いたいという気持ちがある。助け合うことで生き延びてきた人間の記憶がそうさせる。助け合い、命をつなぐことで、ヒトは人間になっていった。

ヒトは生き物としての本能を持ち、人間の心も持つ。本能と心を何とかうまくつないで、バランスを保ちながら発達してきた。しかし、本能と心では必ず本能が勝つ。本能のほうが、根が深い。しかし、だからといって心をないがしろにしては、人間が何百世代にもわたって築いてきたものを打ち捨てることになる。

「生きるために助け合うこと」と「生きるために奪い合うこと」はいつも同時に人間の中にある。それが「寛容」と「不寛容」、「希望」と「恐怖」のせめぎ合いを生んできた。「理想」と「現実」は常に矛盾し、ぶつかり合いながら存在してきた。しかし、それを乗り越えねば生き残れないという経験から、心が発達し、知恵がつき、ヒトは人間になっていった。

希望だけでは生きられないかもしれない。しかし、恐怖だけではもっと生きられない。あの恐怖と悲しみの日々から私を立ち上がらせてくれたのは、紛れもなく「希望」だった。家族に救われ、友人に励まされた。世界に広がる仲間の存在が、われわれを一歩ずつ前進させた。

不条理な死から何を学ぶのか。問い続けるしかないと思っている。

<<前回へ

西前拓

西前拓(にしまえ・たく)

ニューヨーク在住の映像プロデューサー。1986年以来ドキュメンタリーの企画制作を手掛け、1998年に映像プロダクションZENGOを創設。ドキュメンタリー、ライブコンサートなど、常に時代を切り開く画期的な作品を制作し、国際映画祭でさまざまな賞に輝くなど高い評価を得ている。黒田征太郎氏とのコラボレーション「戦争童話集 / 忘れてはイケナイ物語り」や「PIKADONプロジェクト」「Hibakusha Stories Project」「Shadow People Project」、日米の学生とのワークショップなど、核問題と被爆者の支援に深く関わってきた。NHK「世界のドキュメンタリー」で原爆70年企画として「キャノン・ハーシー ヒロシマへの旅」を2夜連続で放映。国連開発計画のメディアパートナーとして、サステイナブルな文明のあり方と人間らしい生き方のドキュメンタリーを制作。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース