政府が10年前に解任した、正教会総主教の解放を呼び掛け エリトリア

2016年1月22日19時12分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+政府が10年前に解任した、正教会総主教の解放を呼び掛け エリトリア
エリトリア正教会のアブネ・アントニオス総主教(写真:DireTube)

20日、エリトリア政府がエリトリア正教会のアブネ・アントニオス総主教を解任してから10年が経過したことを受け、あらためてアントニオス総主教の解放を呼び掛けた。エリトリアは世界で最も抑圧の激しい国の一つとみなされており、宗教は厳しく統制されている。

政府職員が2006年1月20日、アントニオス総主教に対し、もはやエリトリア最大の教派の指導者ではないことを告げた。既に永眠したメンデフェラ主教のディオスコロス氏が後任となったが、他の正教会から総主教として認められることはなかった。

アントニオス総主教が政治犯の釈放を呼び掛け、反体制派の信者3千人の破門を拒否したことに伴い、政府はアントニオス総主教を解任した。

総主教は、2007年5月以降自宅軟禁となっている。許可された訪問者はごくわずかで、健康状態について懸念が表されている。

英国正教会のセラフィム首座主教は取材に対し、「彼が解放されるのを見たいです」と述べた。そして正教会は断固としてアントニオス氏が総主教だとするが、彼の自由についての論議は停滞しているとも述べた。しかし、セラフィム首座主教は、アントニオス総主教を最近訪問した者がおり、健康状態が良いことが明らかになったと明かした。

イサイアス・アフェウェルキ大統領の体制下において、数千人ものエリトリア国民が投獄された。拷問と強制労働がはびこっている。1300人から2千人が宗教的信念を理由に投獄されている。政府は宗教犯を拷問したり暴行したりしている他、多数の囚人を海上用20フィートコンテナや地下のバラック小屋など、極端な温度の変動がある環境下に置いていることもある。

エリトリアでは、エリトリア正教会、イスラム教スンニ派、ローマ・カトリック教会、エリトリア福音教会の四つの宗教団体しか活動を許可されていない。政府はその活動に対し、厳しい統制を行っている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース