時の流れに身をまかせないで 安食弘幸(34)

2016年1月10日20時51分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「ですから、私たちは勇気を失いません。たとい私たちの外なる人は衰えても、内なる人は日々新たにされています」(Ⅱコリント4:16)

ギリシャ語には、時間を表す言葉が二つあります。一つはクロノス。もう一つはカイロス。

クロノスは1秒1秒を刻む時刻的な時であり、カイロスは歴史の中の、ある決定的な時間を指す状況的な時です。「カイロスとは、価値あるものに気が付くようにさせてくれる絶対的な時間である」と定義する学者もいます。

クロノスで示される時の流れの中に、カイロスと呼ばれる私たちの精神世界に決定的な意味をもたらす時間は、どのようにして訪れるのでしょうか。

① 飢え渇いた心を持つ

私たちの心の中に精神的な渇きがあって、それを求めていなければ、カイロスの存在に気付くことなく通り過ぎてしまいます。求めないと何も得られません。求めることによって、それに反応する力が与えられるのです。

聖書に「求めよ、さらば与えられん」とある通りです。

キリスト教徒を迫害していたパウロが、ステパノの殉教を目撃することで、彼の心の中に大きな渇きが生まれました。

それがダマスコ途上での劇的な回心へとつながりました。まさに目からうろこが落ちて、今まで見えていなかったものがはっきりと見えるようになったのです。

迫害者パウロは、宣教者パウロへと変えられたのです。

② 謙虚な心を持つ

フランスの作家サン・テグジュペリは『星の王子さま』の中で、「たいせつなことはね、目に見えないんだよ・・・」と言っています。

たんたんと続く周期的な時の流れ、クロノスに流されないで、その中で価値ある発見や意味ある決断をするためには、謙虚な心が必要です。謙虚な心は、真実を見る心の窓のようなものです。

ニューヨークのリハビリテーション研究所の病院の壁に、患者が貼った詩「病者の祈り」を紹介しましょう。

謙虚な心を持った人だけが理解できる人生の幸いが歌われています。

「私は目的を達成するために 神に力を求めた、
しかし、神は謙遜を学ぶために 弱いものとされた。
私はさらに偉大なことをするために 神に健康を求めた、
しかし、私はさらに良いことをするために 病弱を与えられた。
私は幸福になるために 神に富を求めた、
しかし、私は賢くなるために 貧しさを与えられた。
私は人々の称賛を求めるために 神に権力を求めた、
しかし、神の前にひざまずくために 弱さを与えられた。
私は人生を楽しむ全てのものを 神に求めた、
しかし、神は全てのものを楽しむために 命を与えられた。
私は自分の求めた物は 何も与えられなかった、
しかし、私は 望んでいたものは 全て得た、
私の祈りは 知らず知らずのうちに応えられた、
私は全ての人のうち、もっとも豊かにされたのである」

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース