私たちの人生に共におられる主! 万代栄嗣

2015年12月28日07時35分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

・・・主の使いが夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです。マリヤは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)・・・(マタイ1:18~25)

クリスマスおめでとうございます。クリスマスは、単にイエスのご降誕をお祝いするだけではありません。私たちを充実した喜びのある人生から隔絶していた壁が打ち壊され、命を与えてくださった神につながれるようになった恵みをあらためて思い起こし、感謝する日でもあります。

人間の罪によって断絶した神との回路を回復することは、人間からは不可能でした。だから神の側からその回路を回復するために罪の壁を打ち破り、イエスが人となってこの地に降られたのです。それを確認し、喜びを分かち合うのがクリスマスです。

今日の聖書箇所はヨセフに主の使いが訪れ、マリヤが聖霊により御子イエスを宿ったことを告知する場面です。23節、「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる」。このインマヌエル、神が共におられるとは、どういうことでしょうか。

1. 孤独ではない

「わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません」(ヨハネ14:18)、「わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます」(マタイ28:20)とイエスは明言されています! 人は、神と向き合い、神と共に生きるように造られています。イエスが共におられることで人間関係も回復し、互いに愛し合うことができます。あなたは決して独りぼっちではありません。

2. 恐れる必要はない

「恐れるな。わたしはあなたとともにいる」(イザヤ41:10)と主は語ってくださっています。ストレスや問題の多い社会です。しかし、私たちがどのような状況にあっても大丈夫! イエスを受け入れるなら、必ず神が共にいて、不安や恐れから助けてくださり、平安が与えられるのです。

3. 虚勢を張る必要がない

私たちが強情であると、神との関わりがなくなります。イエスの御前にへりくだり、罪を悔い改めるなら、神の恵みは必ず届けられ、助けられ強められ癒やされます(Ⅱ歴代7:14参照)。人の力で生きようとすると虚勢を張らなくてはいけませんが、神の前に素直に弱さを認めるなら、神の力が働きます。

4. 神の知恵を頂ける

「主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます・・・」(詩篇139:1~3)。人間の科学や知識は日進月歩。ということは、まだ知らないことが山ほどあるということです。人間には限界がありますから、全てを知っておられる神の導きに従い前進しましょう。

5.神にある可能性にチャレンジできる

「神にとって不可能なことは一つもありません」(ルカ1:37)。人にはできないことが神にはできるのです。神は、無から有を生み出してくださいます。救い主イエスが共におられるなら、小さな私たちを通して、不可能と思える大きな夢を実現してくださいます。

救い主イエスを心に受け入れ、感謝と喜びの絶えない、神が共におられる人生を歩みましょう。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース