聖書をメガネに 我は聖霊、聖なる公同の教会、聖徒の交わりを信ず(その7)

2015年12月26日22時48分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

今回の考察の締めくくりとして、やはりローマ8:18~25に言及せざるを得ません。

1963年9月に始めたニューイングランドでの3年間の学びを通して、ローマ8:18~25は、私の心の奥深く刻まれ、その後の歩みの基盤となりました。8:25、「もしまだ見ていないものを望んでいるのなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます」に基づき、1967年8月誕生の長男の名前を忍望(ニンボウ)と付けたほどです。

ローマ8:17までに、御霊ご自身の導きにより、私たちが神の子どもの位置を与えられている事実の指摘を、パウロは8:26に直接結び付けています。ですから、ローマ8:18~25は、本来の話の流れの中に割り込む、脱線とも呼ぶべき部分です。

逆に言えば、パウロが、受信人の必要を重視して書く部分に、パウロ自身の心の中で燃えるマグマが噴出してきています。それは、パウロにとり最重要なメッセージなのです。

その内容は、被造物全体を視野に入れ、特にそのうめきを直視しています。しかも人間・私の実態である体の贖(あがな)いを求めるうめきと被造物全体のうめきが固く結ばれています(8:23)。この体の贖いと被造物全体のうめきからの解き放ちこそ、キリストの再臨において成就する新天新地の希望です。

この確かな終末の希望に立ち、現在のすべてを見、一切を耐え忍ぶのです。これこそ、聖なる公同の教会、聖徒の交わりのあり方であり、うめきの軽視、無視こそ敵です。

■ 我は聖霊、聖なる公同の教会、聖徒の交わりを信ず: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。2014年4月からクリスチャントゥデイ編集長。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース