聖書をメガネに 我は聖霊、聖なる公同の教会、聖徒の交わりを信ず(その2)

2015年11月2日14時16分 執筆者 : 宮村武夫 印刷
関連タグ:宮村武夫

使徒信条の「我は聖霊を信ず。聖なる公同の教会、聖徒の交わり(中略)を信ず」の部分に焦点を合わせます。その上で、聖霊ご自身の働きが内包する全領域性について、以下の3点に注目し、徹底的な聖霊(ご自身)信仰と徹底的な聖書信仰が指し示す聖霊(ご自身)論を少しでも深め、展開したいのです。なぜなら、私たちの営み全体が、聖霊ご自身の内なる導き、静かで深い恵みの基盤に立つ事実を確認したいのです。

1. まず、聖霊ご自身の御業が、キリスト者・教会の全領域に関わる事実を重視する必要を覚えます。聖霊ご自身は、キリスト者・教会の歩みの第一歩から最後までの全行程、全領域に関わり、キリストにある救いの御業全体に関わり、救いの御業を完成へと導いてくださいます。

2. 聖霊ご自身は教会の特定の個人だけではなく、教会の全ての人々に深く関わります。旧約時代と新約時代を一貫して、聖霊ご自身は、神の民を導きます(一貫性)。同時に、旧約時代においては、祭司、預言者など特別な役割を担う者に聖霊が注がれた事実が目立ちます。それに対し新約時代では、「わたしの霊をすべての人に注ぐ」(使徒2:17)との約束が成就し、老若男女の全ての人々が聖霊ご自身に導かれます。

3. 聖霊ご自身は、救済論の領域だけではなく、創造論の領域においても御業を展開なさいます。罪からの救いが聖霊ご自身による神の救済の恵みの御業であるのと同様、創造の御業も聖霊ご自身による恵みの御業なのです。

以上の基盤の上に立って、苦悩と喜びが両立する日常生活に根差して、徹底した神の恵みの神学を確認したいのです。

■ 我は聖霊、聖なる公同の教会、聖徒の交わりを信ず: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

宮村武夫

宮村武夫(みやむら・たけお)

1939年東京生まれ。日本クリスチャン・カレッジ、ゴードン神学院、ハーバード大学(新約聖書学)、上智大学神学部(組織神学)修了。宇都宮キリスト集会牧師、沖縄名護チャペル協力宣教師。2014年4月からクリスチャントゥデイ編集長。

関連タグ:宮村武夫

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース