試練を生かす 安食弘幸(32)

2015年12月13日19時30分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです」(ヤコブ1:12)

人生には「試練」がつきものです。「試練」に遭わない人生などありえません。そして「試練」は決して否定すべきものではなく、「試練」には意味があることを知らねばなりません。

「試練」の意味とは何でしょうか。

1. 人間を成長させる

私たちは試練にぶつかったとき、初めて「考える」という、人間にしか与えられていない能力を用いるのです。

おいしいものをただ食べて遊んでいるだけでは、人間は考えようとしません。試練に遭うと、初めて人間は考えるようになり、そして成長へと向かうのです。

医者の日野原重明先生は、ご自分の若い日の病を振り返って次のように語られています。

「私にとって、21歳の時に結核で一年近く病んだ経験は、当時は本当に残念でしようがありませんでした。負けず嫌いの私は人よりも遅れることが嫌でした。でも卒業して医者になり、10年、20年するうちに、あの苦しみを体験しなかったなら、病気は診断できるが、病んでいる患者さんそのものを理解することはできなかっただろうと思うようになりました。病気の体験なしには、本だけでは、医学は勉強できません。自分が病むことによって、病気を内側から観察し、感じることができるのです。そうして得た病気に対する理解を、配慮という仕方で、患者さんや家族に対して返していくことができたらよいと思うのです」

このように人間は、試練によって考えさせられ、さまざまな新しい洞察が与えられ、人間として成長させられるのです。

2. 人間を神に向かわせる

試練を通して人間は自分の弱さや、限界を知らされます。それは人間以上の存在に心を向けるチャンスでもあります。

テレビでニュースキャスターを務めた山川千秋さんが、1988年に食道がんのため百数十日の療養の後、亡くなりました。奥さんから助からないと告知されたとき、山川さんは絶望的な気持ちになりました。

クリスチャンである奥さんは、山川さんを信仰に導きます。その時のことを奥さんは次のように語られています。

「夫は、死の恐怖や、不安から逃れ、安心して死ぬにはどうすればよいのかと問うてきました。私は、その答えは人間によっては絶対に与えられない。それができるのは神様、すなわちイエス・キリストしかいないと答えました。すると、夫はどうすればイエス・キリストに救ってもらえるかと、尋ねてきました。私は、神の前に正直になること、これまで神に背いてきた罪を悔い改めて、主イエスを自分の救い主として受け入れると口に出して言うことだ、と答えました。夫はしばらく考え、自分の過去の罪を素直に告白し、やがて表情は穏やかなものになりました」

この後、山川さんは遺言を残し、すべてを整えて非常に安らかに亡くなられたそうです。

人間には、生涯のどこかで信仰を得る機会が与えられています。試練に遭ったときこそ、その最も良き時だと思います。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース