全地総主教、神の被造世界との調和のうちに住むための呼び掛けを発信

2015年9月7日18時02分 印刷
+全地総主教、神の被造世界との調和のうちに住むための呼び掛けを発信
ギリシャ・クレタ島にあるクレタ正教学院の近くの山のチャペルを目指して歩く、世界教会協議会(WCC)の気候変動に関するワーキンググループの参加者たち=2015年6月(写真:Albin Hillert / WCC)

正教会の全地総主教であるコンスタンディヌーポリ総主教バルソロメオス1世が、「被造世界のための時」を守る一環として、教会や善意ある人々に、エネルギー資源の乱用の増大に起因する、地球温暖化を増大させ自然環境の持続可能性を脅かしている重大な危険性を思い起こしてもらおうと、あらためてメッセージを送った。世界教会協議会(WCC)が1日、公式サイトで伝えた。

「私たちは、皆さんを人生の真面目さや情熱的な思い、利己的な動機の浄化へと招くものです。それは私たちが、隣人や神の被造世界と調和のうちに住むことができるようにするためです」とバルソロメオス1世は述べた。

1989年から毎年、9月1日から10月4日までは「被造世界のための時」として、被造世界や生態系の正義、そして地球との平和のための祈りを呼び起こす世界的な期間として祝われている。バルソロメオス1世のメッセージは、この期間の始まりという機会を受けてのもの。今年は特に、9月1日を「環境保護のための世界祈願日」とするローマ教皇フランシスコの最近の宣言によって促されている。

「被造世界のための時」は、2008年にWCC中央委員会によって「祈りと行動を通じて被造世界とそれを気遣い、管理するための特別な時を守る」招きとして認められた。

このメッセージでバルソロメオス1世は、「この日、私たちは特に、ご自身の被造世界を喜ばせてくださるよう、いと高き神に求めます。その中での人間の生活が喜びに満ち、実りあるものとなるように。この祈りにはもちろん、人間の生存と地球の持続可能性の両方のために、避けられない自然の気候変動が受忍限度の範囲内で起こり、許されるようにという願いが含まれます」と述べた。

一方、バルソロメオス1世は、「しかしながら私たち人間は、個々の集団であれ、全体としてであれ、まさにこの求めに逆行して振る舞っているのです。なぜなら私たちは、予見不可能で望ましくない変化が気候と環境に起こり、いのちそのものに影響を及ぼすような関わり合いをもって、それらが通常の働きに悪影響を与えるような形で、自然を抑圧しているからです」と付け加えた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース