2千年経っても変わらない福音の真理 万代栄嗣

2015年8月31日20時01分 コラムニスト : 万代栄嗣 印刷
関連タグ:万代栄嗣

「人々はこれを聞いて心を刺され、ペテロとほかの使徒たちに、『兄弟たち。私たちはどうしたらよいでしょうか』と言った。そこでペテロは彼らに答えた。『悔い改めなさい。そして、それぞれ罪を赦(ゆる)していただくために、イエス・キリストの名によってバプテスマを受けなさい。そうすれば、賜物として聖霊を受けるでしょう。・・・』・・・そこで、彼のことばを受け入れた者は、バプテスマを受けた。その日、三千人ほどが弟子に加えられた。そして、彼らは使徒たちの教えを堅く守り、交わりをし、パンを裂き、祈りをしていた」(使徒2:37~42)

今日の箇所は、聖霊降臨後、ペテロが最初に語った説教です。イエスの十字架の死と復活の後、約束通り弟子たちの上に聖霊が降ります。弟子たちは新しい命を与えられて大胆にイエスを証しし始め、初代教会が誕生しました。このメッセージには、2千年経っても変わらぬ真理が3つあります。

1. 曲がった時代から救われなさい

今は曲がった時代だというのは、2千年経った今も同じです。私たちは、チャンスがあればもっと良い人間になると言いますが、人間の根の部分は、ペテロの時代と同じ愚かなままです。この時代にも戦争がありましたが、現代でも戦争があります。クリスチャンが多いアメリカでさえ同性婚が認められ、神の教えからすると歪んでいます。大阪では、中学1年生になったばかりの子どもにもかかわらず、深夜に外出し、虐殺されました。社会も家庭も曲がっています。人に迷惑をかけなければ、みんなやっているから大丈夫と言い訳して、心の中に悪が入り込んでいることを深く見抜きたいと思います。

2. 幸福になる方法を持っていない

ペテロの話を聞いた人々は、心の中に罪があり、自分の力ではどうしようもない醜さや汚れがあると指摘されたとき、「どうしたらよいでしょうか」と尋ねました。同様に私たちにも、どうすればよいか分からないという事実が今もあります。当時の人と比べれば、現代人は賢くなっているはずですが、心が幸福になるにはどうしたらよいか、分からないのです。ルターの宗教改革の時代、ペストが流行し平均寿命は25才だったそうです。それに比べ日本人の平均寿命は80歳を超え、世界一の長寿国。本当は幸福なはずですが、心の病も、悩んでいる人もむしろ増えています。知識が溢れ豊かな生活ですが、魂の幸福についての答えを持っていません。私たちは、霊的な幸福のために、何もできない、愚かで弱いままなのです。

3. 悔い改め、信じるならば救われる

人々の質問にペテロは、「悔い改め、イエスを信じ、洗礼を受け、聖霊をいただいて満たされなさい」と答えました。そして、子孫や遠くにいる人々、どんな時代のどんな人にも与えられる神の約束ですと語ります。これもまた、今も変わらない救いの恵みの事実です。信じると神の子とされ、聖霊に満たされ、人生が根底から変わるのです。週の初めに礼拝に出席して歩み始めると、心の罪が洗い清められ、神の子とされていることを確信し、聖霊の働きを信じ、祈りながら歩むことができます。そうすれば、聖書の時代と同じように神の恵みが人生に現されます。

2千年経っても変わらない神の真理、恵みを実体験して前進しましょう。使徒の働き2章は、教会の本質は伝道にありと教えてくれています。

万代栄嗣

万代栄嗣(まんだい・えいじ)

松山福音センターの牧師として、全国各地、そして海外へと飛び回る多忙な毎日。そのなかでも宗教を超えた各種講演を積極的に行っている。国内では松山を中心に、福岡、鹿児島、東京、神戸、広島、高松にて主任牧師として活動中。キリスト教界のなかでも、新進気鋭の牧師・伝道者として、注目の的。各種講演会では、牧師としての人間観、ノイローゼのカウンセリングの経験、留学体験などを土台に、真に満足できる生き方の秘訣について、大胆に語り続けている。講演内容も、自己啓発、生きがい論、目標設定、人間関係など多岐にわたる。

また、自らがリーダー、そしてボーカルを務める『がんばるばんど』の活動を通し、人生に対する前向きで積極的な姿勢を歌によって伝え続け、幅広い年齢層に支持されている。

国外では、インド、東南アジア、ブラジル等を中心に伝道活動や、神学校の教師として活躍している。

関連タグ:万代栄嗣

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース