上智大で教皇フランシスコのイスラエル訪問写真展 29日まで

2015年5月22日00時55分 記者 : 坂本直子 印刷
+上智大で教皇フランシスコのイスラエル訪問写真展 29日まで
ローマ教皇フランシスコのイスラエル訪問写真展の様子。ユダヤ教の「嘆きの壁」や、シオニズム運動の先駆者テオドール・ヘルツルの墓に献花する教皇の写真なども展示されている=21日、上智大学(東京都千代田区)で

上智大学主催の「ローマ教皇フランシスコ イスラエル訪問写真展」が、21日から同大カトリックセンター(東京都千代田区)で始まった。教皇フランシスコは、昨年5月にヨルダン、パレスチナ、イスラエルを歴訪しており、今回の写真展では、そのうちイスラエル訪問時に撮影したもの23点を同国外務省から借り受けて展示する。29日まで。

展示されるのは、教皇とユダヤ教、イスラム教の指導者3人が抱き合う写真や、東方正教会のコンスタンディヌーポリ総主教バルソロメオス1世と歴史的な会談をする様子を捉えたもの、イスラエルの合唱団の子どもたちと歓談する写真など。初日の21日にはオープニングセレモニーが行われ、高祖敏明同大理事長とペレグ・レヴィ駐日イスラエル公使が、歴代教皇と同大との関係や、教皇のイスラエル訪問の意義などについて語った。

高祖理事長は、教皇がイスラエルを訪問した際、ユダヤ教、イスラム教、東方正教会の指導者たちと対話し、世界をつなぐ役割を果たしたことについて触れ、これがまさに同大の精神「叡智(えいち)が世界をつなぐ」の核心だとし、今回の写真展が同大で開かれる意義を語った。また、創立100年以上の歴史ある同大が、設立から今日に至るまで、歴代教皇と深い関わりを持ってきたことを紹介。「多くの方が写真展に訪れ、写真に込められたメッセージを受け取り、世界平和のために一緒に祈り、努力できたら」と語った。

上智大で教皇フランシスコのイスラエル訪問写真展 29日まで
オープニングセレモニーの参加者

レヴィ公使は、キリスト教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒が住む聖地イスラエルを教皇が訪問したことで、「人々に平和への希望をより強くもたせるきっかけとなった」とその意義を強調。「私はユダヤ人ですが、教皇フランシスコは、私にとっても寛容と希望の象徴のように感じられる」と語った。また、日本では宗教に対して寛容な人が多いと感じると言い、「私の出身地でも、日本人の持つ寛容性がもっとあればいいと思う」と話した。

上智大で教皇フランシスコのイスラエル訪問写真展 29日まで
この日は、イスラエル大使館からシャロウムちゃん(左端)が訪れ、上智大学のイメージキャラクターであるソフィアンくん(右端)と対面した。2人のキャラクターに挟まれて立つのは、左から、ホアン・アイダル同大カトリックセンター長、ペレグ・レヴィ駐日イスラエル公使、高祖敏明同大理事長。

オープニングセレモニーに出席した、経営学を学ぶという同大2年の男子学生は、「これまでイスラム教とキリスト教というと、すぐに対立関係が思い浮んだが、ローマ教皇のイスラエル訪問の写真からは、『和解』を感じる。訪問をきっかけに、いい方向に向かっているのではないかと思う」と語った。

写真展は、学生たちが実行委員会を組織し、今年春から準備を進めてきた。実行委のメンバーは13人で、実行委員長で法学部4年の男子学生は、準備をする中でさまざまな人たちと知り合うことができ、また教皇やイスラエルについて学ぶ機会にもなったと言い、「国際情勢やイスラエルの現状について、学生ももっと知る必要があると思う」と語った。

写真展は、上智大学2号館1階のカトリックセンターで、平日午前9時半から午後5時まで開かれている。入場無料。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


文化の最新記事 文化の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース