上智大、イスラム教徒の学生向けにハラル食の提供スタート

2015年4月23日13時00分 印刷
+上智大学、イスラム教徒の学生向けにハラル食の提供スタート
東京ハラルレストランの移動販売車で売られるハラル食を買い求める人たち(写真:上智大学提供)

カトリック系のキリスト教大学である上智大学(東京都千代田区)は、イスラム教徒の学生への福利厚生として、16日からイスラム教の教えに則ったハラル食の提供を始めた。日本イスラム文化センターから「ハラル認証」を受けている「東京ハラルレストラン」の移動販売車が、同大のメインストリートに出店する。

同レストランが提供する食品には、イスラム教で口にすることが禁じられている豚肉や豚肉に由来するもの、アルコール類は一切使用されていない。調味料もハラルに対応しているものを使用し、厨房・調理器具も完全ハラル対応となっているという。

販売価格は350円から500円。弁当、カレー類の他にも、ハンバーガーやサイドメニューなどが用意されている。販売時間は、授業実施期間および定期試験実施期間の月曜から金曜の午前11時半から午後1時半ごろまで。イスラム教徒以外の学生・教職員も利用できるという。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


神学・教育の最新記事 神学・教育の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース