神を創造者と書いたアインシュタインの手紙、約900万円で落札

2015年3月10日17時37分 翻訳者 : 木下優紀 印刷
+神を創造者と書いたアインシュタインの手紙、約900万円で落札
アルベルト・アインシュタイン(1947年撮影)

物理学者アルベルト・アインシュタイン(1879〜1955)が、神を創造者と書いた手紙が、オークションで4万9千ポンド(約900万円)で落札された。

アインシュタインが電気技師ジョバンニ・ジョルジ宛にイタリア語で書いた珍しい手紙で、1915年に発表した相対性理論を擁護している内容のものだ。手紙では、相対性理論に対し反証しようとしていた、米国の物理学者デイトン・ミラーの批判に言及している。

アインシュタインはジョルジへの手紙にこう書いている。

「私は、天空の運動が高度に(数式)によって成り立っているというのは特に不可能だという事実をもって、あなたの意見に賛同します。神は、より深い知性と優雅さを持って世界を創造したのです」

米マサチューセッツ州にあるPRオークションのスポークスマンは、この創造者である神についての討論を「魅惑的だ」と言う。「アインシュタインは人格を持った神を信じてはいなかったのですが、量子物理学の解釈の違いを議論するときに、科学的文脈で神を語ることを避けなかったのです」

「1929年、アインシュタインは『全ての存在の調和の中に自らを表すスピノザの神』を信じていると語りました。そして1950年代には、『もし宗教的といわれる何かが私の中に存在するなら、それは私たちが科学によって明らかにできる世界の構造に対する際限のない賞賛です』と書いています」と、そのスポークスマンは言う。「この手紙から見受けられるのは、世界が『知性と優雅さ』をもってデザインされたとする神の概念です。これは後の構造的調和の発見とも一致しています」

2012年、アインシュタインが聖書の神を信じていないことを明確にしたいわゆる「ゴッド・レター」に、300万ドル(約3億5700万円)の値が付いた。この手紙は1954年、アインシュタインの死の直前にユダヤ人哲学者エリック・グートキントに宛てて書かれたもので、「神という言葉は、私にとっては人間の弱さの表現であり産物に過ぎず、聖書は敬うべき本ではあるけれども、かなり子どもっぽい、原始的な伝説に過ぎません。どんなに緻密な解釈があったとしても、私の考えを変えることはできないでしょう」と書かれている。

※この記事は英国クリスチャントゥデイの記事を日本向けに翻訳・編集したものです。一部、加筆・省略など、変更している部分があります。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース