米科学者の36%は神の存在を全く疑っていない 米最新調査

2014年2月17日23時20分 記者 : 内田周作 印刷
+米科学者の36%は神の存在を全く疑っていない 米最新調査

米国科学振興協会が16日発表した調査によると、米国の科学者の内36%は、神の存在について全くの疑いを持っていないことが分かった。

同協会は16日、米シカゴで年次会合を開催し、この中でテキサス州ライス大学の研究チームが、科学者とプロテスタント福音派の信者ら1万人を対象に実施したアンケート調査の結果を発表した。研究発表は、キリスト教信仰が根付くアメリカでは、科学と宗教が互いに対立するのではなく、協調できる可能性が高いことを示した。

一方、今回の調査では、米国の科学者と一般人の宗教活動についての比較も行われ、それほど違いがないことも明らかになった。また、科学者の36%は神の存在について全く疑いを持っていないと回答しており、3人に1人の科学者が神の存在を確かに信じていることが分かった。

同調査結果によると、科学者の内、1日に数回祈る人は19%(一般人は26%)、毎週礼拝に出席する人は18%(同20%)、自身を敬虔な信仰の持ち主だと考えている人は15%(同19%)、宗教に関する文章を毎週読む人は13.5%(同17%)と、いずれも一般人よりは少なくなるが、それほど大きな違いはなかった。

社会学者のエレイン・ハワード・エックランド氏は、AFP通信のインタビューに応じ、今回の調査結果は「科学分野の政策立案者や教育者にとっては、期待に満ちたメッセージだ」「なぜなら両者ともに、宗教に対して闘う姿勢でアプローチする必要がなくなるからだ」と語った。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース