本物の教育 安食弘幸(11)

2015年2月22日07時06分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ」(箴言1章7節)

「教育ママ」を英語では「Jewish mother」と表現します。ユダヤ人ほど子どもの教育に熱心な民族はいないかも知れません。その結果、ノーベル賞の60%をユダヤ人が受賞し、アメリカでは弁護士の40%、大学教授の60%はユダヤ人だと言われています。

近代文明の扉を開いた人物が3人います。共産主義のマルクス、精神心理学のフロイト、相体性理論のアインシュタインです。3人ともユダヤ人です。

ユダヤ教のラビ・トケイヤーさんは、「どうしてユダヤ人は優秀なのですか」という質問に、次のように答えています。「その鍵は聖書です。ユダヤ人にとって、聖書は毎日の新聞のように新鮮なものです」

子どもが持っている能力や可能性を引き出すためには、次の2つの事実をまず教える必要があります。

① 自分には存在価値がある。
② 自分は愛されている存在である。

聖書を通して私たちが知ることは、まさにこの2つの真実です。

1. 超越者(創造者)の存在

私たち人間は、進化によって偶然にここにいるのではなく、天地万物の創造の神によって一人一人が実に個性的に、ユニークに造られた神の作品なのです。

聖書は教えます。「若者をその行く道にふさわしく教育せよ」(箴言22:6)。「その行く道にふさわしく」とは、「神が与えた賜物や才能に従って」という意味です。

ユダヤ人の教育方針として3つの基本があります。

① その子の特性を見極める。
② その特性を伸ばすための長期計画を建てる。
③ その子のペースに合わせて進む。

日本人の教育はこの逆をしていると言えます。その子の特性ではなく周りを見るのです。皆がピアノ・英会話・塾に行っているから行かせるのです。また、親が自分の果たせなかった夢を子どもに押しつけるのです。こうして子どもを勉強嫌い・音楽嫌いにしてしまうのです。

ある文化人類学者は、「日本の文化は、他人の顔を見る文化である」といいます。聖書の教える「絶対者」という概念がないので常に相対的で、人と比べながら生きているのです。

自分は違うと思う方にお聞きします。もし、あなたのお子さんが「今日テスト100点取ったよ」と言えばどう反応しますか。多分「すごいね、よくがんばったね」と褒めると思います。しかし、次に「でもね、クラスの全員が100点だったの」と聞かされて「なーんだ」とがっかりしないでしょうか。100点を取ったという事実は何も変わっていないのに、その100点を他人との比較の中で評価してしまい、途端に100点の価値を下げてしまうのです。

2. 愛といのちの神の存在

アメリカ人のメイ・レムキさんは52才の時、生後6カ月の赤ん坊を養子として迎えます。しかし、その子は知的障害で両眼はつぶり、脳性麻痺で聴力もありません。友人たちは反対しましたし、看護師は、「この子は成人するまで生きられない」と言いました。

メイさんは「絶対死なせはしない。子どもは、優しさと愛情があれば、必ず治る、一時間や、一日や、一週間位では駄目だけど、いつまでも続く優しさと愛があれば必ず成長する」と言いました。

それから彼女の想像を絶するような子育てが始まりました。しかし彼女はどんな時にも優しさと愛とを失いませんでした。奇跡は18年後のある朝3時に起きました。突然息子の部屋からピアノの音が聞こえて来たのです。曲名は「チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番」です。絶望的だと思われた子どもが、突然才能を開花させたのです。

精神科医は「これは『天才白痴』と呼ばれ、極まれに起こることです。しかし、どうして起こるのかはわかりません」と言います。

しかし、メイさんは断言します。「わたしには説明できます。これは愛の奇跡です。子どもたちはいつまでも続く優しさと、愛に触れ続ける時、可能性や能力を開花させるのです」

イエス・キリストは私たちを愛し、私たちの罪の身代わりとなって十字架で死なれ、3日目に蘇られた方です。私たちが、このキリストに出会う時、無条件の愛に触れるのです。この愛に触れる時、人は生かされていくのです。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース