日本の福音宣教を考える 岡田武夫東京大司教と比較文学史家の竹下節子氏が対談(2)

2014年12月2日23時44分 記者 : 廣末智子 印刷
日本の福音宣教を考える 岡田武夫東京大司教と比較文学史家の竹下節子氏が対談(2)
フランスのカトリック的風土について熱く語る竹下氏

これに対して岡田大司教は、「フランスの社会で、そうした弱い人、困っている人のことを徹底して助けるというのは、成熟した人間としてそうでなければいけない、ということでそうなのか、それともキリスト教からきているのでしょうか。自由、平等、博愛の精神を掲げたフランス革命を経て、現代のフランスで当たり前となっている基本的人権の尊重は、キリストの教えに基づいているのでしょうか。それとも横暴な貴族社会への反発からでしょうか」と問い掛けた。

さらに、「日本から世界情勢をみると、米国をはじめとする強い国が弱い国をコントロールしたり、いじめたりしているようにしか見えない。また現代の日本において、人権を大切にするという考えは根強いですが、それは少なくとも福音を意識したものではありません。人間が人間を大切にする教育が行き届きさえすれば、それでいいのでしょうか。教会に行かなくても、人間としてちゃんとしていればいいのでしょうか。確かに、お祈りをしている人だからといって、人を大切にする仕事をし、人を大切にする生活をしている人ばかりだとは言えません。ただ私は、神を信じるということは神の力が働くということだと考える。だから祈る」と、自問自答をするかのように一つ一つ言葉をかみしめながら話した。

竹下氏は岡田大司教の質問に、「フランス革命は、完全にキリスト教的なものです。人間は、律法や共同体に縛られるのでなく、神の前で何をするかが大事なのであって、病気や障害、家庭環境など生まれついてのどうしようもないことで差別してはいけない。どんな立場でもより弱い者に手を差し伸べるのが神の理にかなっているという考え。まさに兄弟愛です」と回答した。

さらに、「今のフランスで唯一、カトリック的なものを維持しているのは、フランスの憲法の最初に書いてある『全ての人間は・・・』という文言です。『フランス国民は・・・』とフランス国民を最初に座らせるのでなく、全ての人間に開かれている。それはまさに普遍=カトリックの精神です。日本の平和憲法と同じように、フランスで大切にされているのがこの憲法の普遍性。そのためにできないことも多いですが、それでも普遍主義は変わりません。それは彼らのよりどころであり、アイデンティティーであるからです」と、現代のフランスに生き続けるカトリック的価値観について持論を述べた。

日本の福音宣教を考える 岡田武夫東京大司教と比較文学史家の竹下節子氏が対談(2)
戦後の日本での宣教の歩みを振り返る岡田大司教

それを受けて岡田大司教は、「私が一番興味深いのはカトリックの代表的な聖人でもあるジャンヌダルクです。フランスの田舎で神のお告げを受け、立ち上がった。一人の少女の存在が歴史の流れの中で大きな影響を与えるというのは、日本のような非キリスト教の国からしてみると非常に分かりにくい。フランスでは今もいろんな修道会があって、数多くの聖人が今でも社会に力を持っているというのもまた、日本人には分かりにくいところです」と素朴な疑問を呈示した。

これに対して竹下氏は、「ジャンヌダルクは非常に政治的な人。百年戦争のとき、英国人を追い出せ、という神の声を聞いたと言って出てきた。ただジャンヌダルクは一人も殺していません。旗は振ったけど、剣はふるっていない。だけど平和をもたらした。14、15世紀ごろの戦争は、国家と国家の戦いではなく、王族や貴族間の争い。そこに駆り出され、蹂躙(じゅうりん)されるのはいつでも弱い農民たち。そうした弱い者の側につき、戦争を終わらせなければいけない。そういう意味で断固として彼女は国を守った。フランス風の詭弁と思えるかもしれませんが、彼女は軍隊の守護神でもあります。キリスト教とは『ロジックも何もない宗教なのに私は信じる』という逆説に満ちた宗教。ジャンヌダルクはまさにそのシンボルなんです」と説明した。

今なお強い聖人信仰についても、「二重にも三重にもキリスト教的なものにつながっています。いつの時代も苦しむ人は神の助けを求める。そこに聖人をもってくる。効かなくてもかまわないんです。成果主義ではなく、ただそこに必ず希望を与えるのがカトリック。聖人信仰をなくしてしまえば、霊性的なものを求める民衆は行き場がなくなってしまいます」と続けた。(続く

■ 日本の福音宣教を考える:(1)(2)(3)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

北米トヨタ副社長らがメッセージ、国家朝餐祈祷会で祈り会とビジネス信徒セミナー

「教会の役割は大きい」 ジーザス・ジューン・フェスティバルで「がん哲学外来」の樋野興夫氏が講演

華僑への伝道に携わって 荘明義・横浜華僑基督教会長老

次世代、青年層への伝道に関して思うこと 万代栄嗣・日本福音宣教会松山福音センター主任牧師

過去最多14カ国の駐日大使らが出席、国の指導者と世界の平和のため祈る 第19回国家朝餐祈祷会

学年の成績上位者から一転、10代でヤクザに 刑務所で出会った聖書と人生の恩師

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(2)夢による啓示、祈りの中で与えられた数々の導き

「キリスト病」にかかってしまった元山口組系総長(1)3度目の差し入れで読んだ聖書 「最初の一節で確信した」

50カ国以上で実践される聖書を正確に読み取る学び方 IBS講師が来日セミナー

日本のキリスト教信者は105万人、人口比0・83% 日本宣教リサーチ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース