インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女殺人犯が語る

2014年11月5日01時24分 記者 : 行本尚史 印刷
+インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女殺人犯が語る
サマンダル・シン元受刑者(左)とインドのキリスト教ジャーナリスト、アント・アッカラ氏(写真:アント・アッカラ)

フランシスカン聖クララ会のラ二・マリア・バッタリル修道女を殺したことで懲役刑に服したサマンダル・シン元受刑者が、遺族の示した赦しによって「新しい人生を見出した」と語った。カトリック・ニュース・サービス(CNS)が10月30日、インド中部マディアプラデーシュ州ユーダイナガーからのニュースとして報じた。

シン元受刑者がCNSに語ったところによると、バッタリル修道女の妹で自らもフランシスカン聖クララ会メンバーのセルミー修道女が2002年、シン元受刑者の刑務所を訪れた。赦しの言葉を伝え、シン元受刑者の手にラキと呼ばれる聖なる糸を結び付け、兄弟として受け入れることを示した。

ラキは、兄弟や姉妹同士の愛と義務を祝うヒンドゥー教のお祭り。その中に、姉妹が兄弟の手首に聖なる糸を結ぶことによって、血縁のあるなしに関わらず保護関係を示すという儀式がある。「それによって、私は新しい人生を見出した」。有罪判決を受けた後、妻にさえ見捨てられたという46歳のシン元受刑者は、目を輝かせながら語った。

インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女の殺人犯が語る
ラキの糸をシン元受刑者(左)の腕にくくりつけるセルミー修道女=8月10日、ユーダイナガーの修道院で(写真:フランシスカン聖クララ会提供)

警察によると、シン元受刑者は1995年、ジャングルの地域にいた50人を超えるバスの乗客の目の前で、バッタリル修道女を54回にわたり刺し続けた。だがそれは、バッタリル修道女が村の女性たちの組織する自助グループの中で行っていた社会事業で影響を受ける、貸金業者の命令によるものと見られている。シン元受刑者は、殺人罪で死刑判決を受けたが、その後、終身刑に減刑された。

「ラ二・マリア」は女王マリアを意味する。「ラキと女王マリアの祝祭日にあたる8月22日、刑務所にいる彼を訪問しました」と語るセルミー修道女は、シン元受刑者を赦すことは、バッタリル修道女が死んだ直後すでに決めていたと明かした。

バッタリル修道女は2007年、「神のしもべ」という称号を与えられた。現在、列聖の可能性も考慮され、人生と奉仕活動に関する文書が集められている。

セルミー修道女とシン元受刑者が出会う道を切り開いたのは、汚れなきマリアのカルメル会修道士、スワミ・サダナンド神父だった。サダナンド神父は、インドールで数回にわたってシン元受刑者を訪問した。

インド:遺族の赦しによって「新しい人生見出した」 修道女の殺人犯が語る
シン元受刑者(写真:アント・アッカラ)

サダナンド神父はその後、シン元受刑者を刑務所から釈放するよう訴え出た。セルミー修道女とその両親、教会役員が宣誓供述書の署名を行い、裁判所は06年、釈放を認めた。シン元受刑者は07年1月、セルミー修道女の父親、パウロ・バッタリルさんを訪ね、謝罪した。キャサリン・マッギルベレイ氏による56分間のドキュメンタリー映画『殺人者の心(Heart of a Murderer)』は、バッタリル修道女の死とシン元受刑者の回心を伝えている。

ヒンドゥー教徒のシン元受刑者がキリスト教を信奉することは、ヒンドゥー原理主義者からは快く思われていない。シン元受刑者は、キリスト教を受け入れていないと語ったが、セルミー修道女との「絆」を傷つけたくはないと付け加えた。セルミー修道女のことは「ディディ」、つまり姉と呼んでいる。

「これは宗教ではなく愛の絆の問題だ」とシン元受刑者は語る。「だから、私は彼女を傷つけたくなかったし、このことを彼女には決して知らせなかった」

※ この記事は、CNSのアント・アッカラ記者による英文記事の一部を、本紙が同記者から許諾を得て日本語に訳したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース