ツイッター、米記者殺害画像を削除 他SNSサイトにも影響

2014年9月2日15時07分 印刷

【CJC=東京】インターネット上に無署名で短文を投稿出来るブログ「ツイッター」(米ツイッター社運営)が、首を切断された米国人ジャーナリストのむ画像を掲載サイトから削除した。これまでで最も思い切った行動、と米紙「ウォールストリート・ジャーナル」が報じている。

ツイッター社は8月19日午後、イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」に殺害されたジェームズ・フォーリー氏の家族の求めに応じ、首を切られるなどの衝撃的な画像や動画の削除に取りかかった。同社のディック・コストロ最高経営責任者(CEO)は120万人に上るフォロワーに対し、「わたしたちはこれまで、そして現在も、この生々しいイメージに関連すると判断したアカウントを積極的に停止している。ご理解いただきたい」とツイートした。

ただ、その後24時間以上たっても多くの画像が出回っており、一部のユーザーから怒りを買った、と同紙は報じている。「ツイッター」では1日当たり約5億件がツイートされており、同社スタッフは問題コンテンツを退治するため、いたちごっこを繰り広げているようにも見えると言う。

米グーグル社の動画共有サイト「ユーチューブ」も、斬首を映す数種類の動画をシェアすることを容認してきたが、昨年10月に国際的な批判の高まりを受けて削除する姿勢に転じている。

米フェイスブック社が提供するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「フェイスブック」は、斬首動画の問題を受け、方針を変更し、画像などを掲示したいユーザーに条件を付け足した。画像や動画にはセーフガードを付けることが義務化し、未成年に閲覧できないようにした。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース