フェイスブック、ツイッターなどのSNS使用規範 英国国教会が「九戒」を提唱

2014年2月4日20時47分 記者 : 内田周作 印刷
関連タグ:英国国教会
+フェイスブック、ツイッターなどのSNS使用規範 英国国教会が「九戒」を提唱

もはや多くの人にとって生活の一部となっているフェイスブックやツイッターといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の使用に対する規範を、英国国教会が聖書の「十戒」ならぬ「九戒」として提唱している。

英国国教会は1月末、教職者向けにSNSを安全に使用するためのガイドラインを発表した。ガイドラインは9つの項目からなり、「焦らない」「一時的なものだけど永遠に残ってしまう」など、SNSを使用する上での注意点をまとめている。

1番目の項目である「焦らない(Don't rush it)」では、SNSのメリットの1つとして迅速なレスポンスを挙げるが、何も考えずに迅速にレスポンスすればよいという訳ではないと指摘する。投稿する前に、1)それは共有すべき自分についての話しか?、2)その投稿は母親に見せることができるものか?、3)その投稿は神が読んでも大丈夫なものか?、4)その投稿は新聞の一面に載っても大丈夫か?を自問自答してみるべきだとしている。

また、2番目の項目「一時的なものだけど永遠に残ってしまう(Transient yet permanent)」では、SNS上では投稿がすぐに古くなってしまうが、インターネット上には半永久的に残ってしまうという特性について警告。3番目の項目「あなたは代表である(You’re an ambassador)では、いくら個人のSNSアカウントであったとしても、自身が所属する団体の発言として取られてしまうことが往々にしてあることをなどを指摘している。

この他、「隠さない(Don't hide)」「パブリックな生活とプラベートな生活の境界線は曖昧(Blurring of public/private life boundaries)」「自己防衛(Safeguarding)」「法的枠組みの遵守(Stay within the legal framework)」「機密性(Confidentiality)」「自身のセキュリティにも注意を払う(Be mindful of your own security)」といった項目で、安全なSNSの使用について指針を示している。

英国国教会のSNS使用ガイドライン原文(英語)はこちら

関連タグ:英国国教会

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

代々木公園のホームレス伝道「通路チャペル」 ココロケアの働き

「神の御心に歩む道こそ、人生で最善の道」 第55回大阪ケズィック

イスラエル建国記念式典に日本のクリスチャン音楽家約40人が出演へ 決起集会に850人

リバイバルの鍵は「ディボーション」と「分かち合い」 台湾で急成長する12教会を視察

「オリンピックは宣教の好機」 米宣教団体SIMが熊本、宮城に派遣の短期宣教師を募集

hi-b.a. 代表スタッフが語る「次世代への信仰継承」 断食祈祷聖会(1)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(2)

「せかゆる」現象に見る現代キリスト教伝道事情:上馬キリスト教会のMAROさんが再び同志社大にやって来た!(1)

日本の「キリスト教系」信者は192万人、2019年版『宗教年鑑』発表

YWAM東京の実践的伝道セミナー「ミリオンライツ」(後編)祖父と同じ地で受けた伝道への召命

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース