飢餓対策機構、広島土砂災害で募金・ボランティア募集 安佐南区で泥出し作業

2014年8月26日16時44分 記者 : 内田周作 印刷
+飢餓対策機構、広島土砂災害で募金・ボランティア募集 安佐南区で泥出し作業
泥出し作業をするボランティアたち(写真:日本国際飢餓対策機構)

日本国際飢餓対策機構(大阪府八尾市)は、豪雨により広島市北部で発生した土砂災害の支援として、被害が大きかった同市安佐南区八木で、生活道路や側溝に溜まった泥の取り出し作業などを始めた。同機構が26日、公式サイトで伝えた。

作業には、広島県外からも応援に駆けつけ、約20人のボランティアが参加。蒸し暑く、厳しい作業だが、「声を掛け合いながら黙々と作業を続けております」という。同市西区の三滝グリーンチャペル・スマイル館にボランティアセンターを設置しており、ボランティアは同所で必要であれば宿泊しながら作業を継続するという。

同機構ではこの他、パートナー企業やこれまで協力して事業を進めてきた企業の協力で、パンの缶詰400缶(約500人分)とミネラルウォーター600人分を被災者に配布している。

飢餓対策機構、広島土砂災害で募金・ボランティア募集 安佐南区で泥出し作業
日本バプテスト同盟広島平和キリスト教会前で作業をするボランティアたち(写真:日本国際飢餓対策機構)

また、ボランティアに加え、被災者支援のための緊急募金も集めている。ボランティアは、同機構広島事務所(電話:082・546・9036、担当:エマ・トレール 日本語可)で受け付けており、作業内容は缶詰や水の配布、家の片付け、泥出しなどになるという。作業に伴う手袋や長靴などは持参する必要があり、交通費などの支給はない。宿泊に伴う食費などの実費が多少必要になる場合があるという。また、天候などの悪化で二次災害の危険性がある場合は、直ちに作業は中止するとしている。

募金は同機構のサイトか、郵便振替(00170−9−68590、日本国際飢餓対策機構、「広島土砂災害」と明記)のいずれかで可能。

20日に発生した土砂災害は、26日で発生7日目を迎えた。同日までの報道によると、これまでの死者は60人で行方不明者は26人。警察や自衛隊、消防など計3千人以上が救助・捜索活動に当たっている。また、安佐南区・安佐北区では、依然として約1500人が避難所で生活をしている。

飢餓対策機構、広島土砂災害で募金・ボランティア募集 安佐南区で泥出し作業
黄色のラインから先では依然として行方不明者の懸命な捜索が行なわれている。(写真:日本国際飢餓対策機構)

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース