「愛の手インターナショナル」米で正式認可 国際飢餓のパートナーとして在米邦人に働きかけ

2014年5月6日14時17分 記者 : 内田周作 印刷
+「愛の手インターナショナル」米で正式認可 国際飢餓のパートナーとして在米邦人に働きかけ
左から藤川武彦氏(愛の手インターナショナル代表)、上原令子親善大使、田村治郎啓発総主事(写真:日本国際飢餓対策機構提供)

日本国際飢餓対策機構(JIFH、大阪府八尾市)の米国におけるパートナー団体として、「Ainote International(愛の手インターナショナル)」(藤川武彦代表)が、このほど米国NPO法人として正式な認可を受け、誕生した。これまで、同機構は米国での法人格がなかったため、寄付に対する税金控除を受けられなかったが、愛の手インターナショナルが設立されたことで、今後は税金控除などの恩恵を受けることができるようになる。

藤川代表はこれまで、同機構のアメリカ特命大使として、在米邦人からの同機構へ対する寄付の取り扱い業務や、月間ニュースの配布、サポーターへの連絡など約3年にわたって活動してきた。

2012年には同機構の親善大使である歌手の上原令子さんをサンフランシスコに招きコンサートを開催。昨年も同じく、親善大使の森祐理さんを招きコンサートを行った。昨年のコンサートでは、約600人に、素晴らしい歌声とともに、世界の飢餓と貧困の現状、また同機構の活動を伝えた。

カリフォルニア州には数万人の日系人が住んでいるとされており、同機構は「恵みの内に生かされている私たちが、飢餓で苦しむ多くの子どもたちや貧困の中で糧を得ることが出来ない人々に、何とかして少しでも必要な支援を届けることが出来ればと願っています」としている。

■ Ainote International(愛の手インターナショナル)
Ainote International c/o Mr. Takehiko Fujikawa
8010 Phaeton Dr. Oakland, CA94605 U.S.A.
Tel: +1 (510) 568-4939
Fax: +1 (510) 293-0940

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース