米の従軍牧師に無神論者も?

2013年7月29日23時30分 印刷
関連タグ:アメリカ無神論

【CJC=東京】米連邦上院は7月23日、軍隊のチャプレン(従軍牧師)に非宗教者を任命することを阻止する法案修正を採択した。ジョン・C・フレミング議員(共和党、ルイジアナ州選出)提出の修正は、チャプレンへの保証をするのは宗教団体に限定するというもの。

国防総省が現在認めている保証団体は200を超えるが、全部が神への信仰を基盤とする。しかし最近になって、超自然的な神性を認めない「ヒューマニスツ」が無神論者の従軍牧師を保証しようとする動きが出てきた。その最初の1人がジェイソン・ヒープ氏(38)。ブライト神学校とオックスフォード大学を卒業の同氏が「ヒューマニスト協会」の保証を得たもの。

ヒープ氏の支援者たちは、海軍に「ヒューマニスト協会」を保証団体のリストに加え、ヒープ氏を従軍牧師に任命するよう要求している。

今回の修正で、ヒープ氏が海軍の従軍牧師になれるかはまだ確定していない。

今回の修正を、キリスト教チャプレンの組織「宗教の自由のための従軍牧師連盟」が支持している。7月23日に発表された声明で、ロン・クルーズ従軍牧師(退役空軍大佐)は、「無神論者を従軍牧師としようとの動きがあるが、チャプレンという言葉の本質は、個人が神への信仰とスピリチュアルニーズのために奉仕をしたいという願いにあるのだ」と語っている。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。
関連タグ:アメリカ無神論

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース