フィリピン

ローマ教皇、来年1月にスリランカとフィリピンを司牧訪問

教皇フランシスコが2015年1月、スリランカとフィリピンを司牧訪問する。バチカン(ローマ教皇庁)広報事務所によるとしてバチカン放送が報じた。

2014年08月05日10時53分

超大型台風ハイエンから8カ月、新生宣教団とフィリピンの教会が協力し“ホープ・フォー・リビング フィリピン「教会子どもプログラム」”立ち上げへ

超大型台風ハイエンから8カ月 新生宣教団、現地教会と協力し「ホープ・フォー・リビング フィリピン」立ち上げへ

新生宣教団の新たなプロジェクト「ホープ・フォー・リビング フィリピン」立ち上げのため、2014年7月1日から3日までフィリピン・レイテ島のタクロバン市を訪問し、現地の教会の視察やプロジェクトの立ち上げ式を行った。

2014年07月31日13時30分

教皇、スリランカとフィリピン訪問へ

教皇フランシスコが「アジア訪問予定が2つある。一つは韓国で、もう一つは1月に2日間、スリランカとフィリピンの津波被災地域を訪問する」と聖地訪問の帰途5月26日、機中記者会見で語った。

2014年06月03日11時32分

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(4)~ハウス・オブ・ジョイ「何を仕事にするにしても笑顔でいたい」

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(4)~ハウス・オブ・ジョイ「何を仕事にするにしても笑顔でいたい」

子どもたちは明るく、仲もいい。しかし、笑顔でここに来る子は一人もいない。泣きながら、あるいは無表情で、親から離れて預けられる。それでも早ければ1日で笑顔が出る。それは「迎え入れる側の子たちもみな同じ思いを経験しているからではないか」・・・

2014年06月02日17時00分

フィリピン児童養護施設を訪ねる(3)~ハウス・オブ・ジョイ「子供たちのいるその場所で自分を活かす」

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(3)~ハウス・オブ・ジョイ「子どもたちのいるその場所で自分を活かす」

代表の烏山さんが病に倒れた。「手を貸してほしい」という切実な依頼を受けて、ブルガリアにいた澤村さんは「悩みましたが、それでも行くことに決めました。自分をフル活用できるのは、子供たちのいるその場所だと思えたのです」

2014年05月23日11時57分

フィリピン児童養護施設を訪ねる(2)~ハウス・オブ・ジョイ「見える行動で、見えない愛を表現したい」

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(2)~ハウス・オブ・ジョイ「見える行動で、見えない愛を表現したい」

HOJの設立者・烏山逸雄さんがフィリピンに孤児院を建てたいと話すと、周囲の誰もが反対した。「絶対にうまくいかない」「運営資金をどうするんだ」そんな声ばかりだった。仕事を通して知り合ったフィリピン人の妻、アイダさんも乗り気ではなかった。

2014年05月16日17時34分

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(1)~日本人クリスチャンが運営する「ハウス・オブ・ジョイ」

フィリピンの児童養護施設を訪ねて(1)~日本人クリスチャンが運営する「ハウス・オブ・ジョイ」

フィリピンのミンダナオ島に、日本人クリスチャンが運営する児童養護施設があると聞いて訪ねた。ハウス・オブ・ジョイ(HOJ)では、4歳から18歳まで約40人の子が共同生活を送っている。子供たちを見守る人々に話をうかがった。

2014年05月12日11時17分

フィリピン最高裁、人口抑制のための避妊解禁を合憲判断

フィリピン最高裁は4月8日、避妊具使用などを解禁する人口抑制法は合憲と判断した。人口抑制法は長年の運動が実り2012年にようやく議会で可決されていた。

2014年04月15日11時46分

JEA、フィリピン・伊豆大島台風被害支援を6月まで継続 現地報告「礼拝出席者5~10倍に」「支援する姿に挑戦受けた」

日本福音同盟(JEA)は、昨年11月発生の台風30号により甚大な被害を受けたフィリピンと、同10月の台風26号により大きな被害を受けた伊豆大島への支援を今年6月まで継続するとして、加盟教団、団体らに引き続き支援と祈りを求めている。

2014年04月05日19時14分

JYJら、フィリピンの子ども達へ直筆の「ドリームノート」 WVの活動で

JYJら、フィリピンの子ども達へ直筆の「ドリームノート」 WVの活動で

キリスト教主義の国際NGO団体「ワールド・ビジョン(WV)」は1日、韓国の人気グループ「JYJ」ら芸能人10組が、同団体が支援するフィリピンの子ども達に直筆サインなどが入った「ドリームノート」を送ったことを明らかにした。

2014年04月01日21時31分

ボホール島のアンティキラという町で地震により倒壊した校舎(写真提供:日本国際飢餓対策機構)

フィリピン台風、日本国際飢餓スタッフが地震被害地入り

台風30号上陸の4週間前に、マグニチュード7・2の地震により多くの死傷者が出ていたフィリピンのボホール島に6日、日本国際飢餓対策機構のスタッフが入った。10月15日朝に発生した大地震の傷跡は、いまもいたるところに残っている。

2013年12月10日22時50分

ワールド・ビジョン、フィリピン台風被害者10万人に支援

キリスト教NGOのワールド・ビジョン(World Vision)は7日、先月初めにフィリピン中部を直撃した台風30号(ハイエン)の被災者約10万人に支援を行ったと発表した。

2013年12月09日1時36分

支援物資を受け取るサマール島の住民たち(写真提供:日本国際飢餓対策機構)

フィリピン台風から1カ月、避難者なお396万人 続く支援活動

フィリピン中部に甚大な被害をもたらした台風30号の上陸から8日で1カ月を迎える。国家災害対策本部によると、これまでに確認された死者数は5796人。行方不明者はいまだ1779人に上り、いまも396万人以上が家屋を失うなどして避難生活を送っている。

2013年12月07日21時02分

日本国際飢餓対策機構のスタッフから水や米などの食料品を受け取る住民たち(写真提供:日本国際飢餓対策機構)

比台風、支援物資を配布 住宅再建も検討 日本国際飢餓

日本国際飢餓対策機構は11月26日、現地スタッフをセブ州北端のバンタヤン島に派遣し、食料や衣類などの支援物資を配布した。

2013年12月04日12時21分

日本福音同盟、比台風支援呼びかけ

日本福音同盟(JEA)は、台風30号による甚大な被害を受けたフィリピンへの支援を加盟団体と諸教会に呼びかけている。同援助協力委員会と長年の協力関係を持つフィリピン福音同盟所属の救援機関を通してすでに初期対応支援金を送金し、支援を開始している。

2013年12月04日11時40分

比台風、邦人全員の無事確認

外務省は30日、フィリピンのレイテ島とサマール島で在留届を出している日本人133人全員の無事を確認したと発表した。日本人保護の連絡・調整体制を強化するため、レイテ州の州都タクロバンに在フィリピン大使館の臨時事務所を設置するなどしていた。

2013年12月04日10時52分

教皇、使徒的勧告「喜びの福音」 「信仰年」閉幕ミサ

カトリック教会典礼暦で「王であるキリスト」の大祝日を迎えた11月24日、バチカンで「信仰年」の閉幕ミサが教皇フランシスコによって行われた。サンピエトロペトロ広場でとり行われた閉幕ミサには、世界各国から約6万人の信者が参加した。

2013年12月04日10時38分

比台風、邦人130人の無事確認

政府は23日、フィリピンのレイテ島とサマール島で在留届を出している日本人133人のうち、これまでに130人の無事を確認したと発表した。残り3人の安否がまだ分かっていない。

2013年11月24日18時34分

比台風、邦人128人の無事確認

菅義偉官房長官は21日午後の記者会見で、フィリピンのレイテ島とサマール島で在留届を出している日本人133人のうち、これまでに128人の無事を確認したと発表した。残り5人の安否はまだわかっていない。

2013年11月22日18時09分

比台風、邦人126人の無事確認

菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、フィリピンのレイテ島とサマール島で在留届を出している日本人133人のうち、これまでに126人の無事を確認したと発表した。残り7人の安否はまだわかっていない。

2013年11月21日15時36分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース