オラフ・フィクセ・トヴェイト

WCC、スーダンの教会取り壊しを非難

スーダンの首都ハルツームで聖公会の教会堂が、当局の指示により破壊されたことに、世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト総幹事は「全アフリカ教会会議」のアンドレ・カラマガ総幹事と共に、衝撃を受けたと懸念を表明した。

2012年07月03日10時47分

パキスタン教会協議会(NCCP)で冒涜(とく)法による犠牲者を覚え黙とうが捧げられた(写真:WCC)

WCC総幹事パキスタン訪問、少数派保護呼びかけ

世界教会協議会(WCC)総幹事のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト博士は8日から10日にかけてパキスタンを訪問し、同国内での宗教少数派の保護、宗教的非寛容政策を改善する必要について呼びかけた。

2011年10月14日16時55分

ラマダンの終わり、WCC総幹事が祝福

ラマダンの終わり、WCC総幹事が祝福

キリスト教徒とイスラム教徒が他の世界宗教指導者らとともに、「平和のための同盟に人々を集め、公正の下に和解していくべきだ」と世界教会協議会(WCC)総幹事のオラフ・フィクセ・トゥヴェイト総幹事が、8月31日、世界のイスラム教徒に向けてラマダンの終わりを祝福する手紙を送った。

2011年09月01日17時11分

テゼ共同体70周年に、教皇など教会指導者が祝辞

故フレール・ロジェ・ルイ・シュッツ=マルソーシュ(ブラザー・ロジェ)が1940年に仏東部ソーヌ=エ=ロワール県に設立した『テゼ共同体』が8月14日に70周年を迎え、キリスト教系各通信が、教会指導者たちの後継主宰者ブラザー・アロイスに宛てた祝辞を報じている。

2010年08月23日17時19分

ハイチの「建設」を、WCC総幹事が訴え

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ=トゥヴェイト総幹事は6月14〜16日に、同協議会訪問団と共に地震被害地のハイチを訪問したが、世界各国政府と教会に、ハイチの市民がなお地震がもたらした破壊的な被害の苦難の下にあることを憶えるよう要請した。

2010年06月21日19時14分

トゥベイト氏、WCC総幹事就任 気候変動問題で協力要請

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トゥベイト総幹事が2月23日、ジュネーブで正式に就任した。

2010年03月10日17時04分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース