三浦綾子記念文学館

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(16)「キリストのあほう」になった人 込堂一博

三浦作品を読んで人生が一変し、新しい希望の人生へと方向転換した人々が数えきれないほど多いことは、よく知られています。その中でも、旭川市在住の中島啓幸(ひろゆき)さんは稀有(けう)な存在です。

2019年05月24日10時18分

三浦文学の魅力と底力(15)もう一人の「秘密兵器」の登場! 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(15)もう一人の「秘密兵器」の登場! 込堂一博

2001年、長谷川与志充牧師が東京で三浦綾子読書会を創設したのと同じ頃、福岡でも読書会が福岡女学院大学助教授の森下辰衛氏によって始められました。偶然にも同じ年に2つの読書会が発足したことを知った2人は、一つに統合することに決めました。

2019年05月10日10時16分

三浦文学の魅力と底力(12)光世さん、75歳からの新出発! 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(12)光世さん、75歳からの新出発! 込堂一博

三浦綾子さんが77歳で召されたとき、夫の光世さんは75歳。現在では、後期高齢者の年齢ですが、光世さんの新しい歩みは75歳から始まりました。あの信仰の父アブラム(アブラハム)が、神の声に従い生まれ故郷を離れたのと同じ年齢です。

2019年03月29日7時04分

三浦文学の魅力と底力(8)八柳秘書の死と塩狩峠記念館の完成 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(8)八柳秘書の死と塩狩峠記念館の完成 込堂一博

私は、本コラムの3回目に「旧宅解体と保存運動の渦の中から」について書きました。三浦夫妻から教会に寄贈された旧宅をめぐって、私も教会も「思いがけない渦」の中に巻き込まれ、複雑な日々を余儀なくさせられました。

2019年01月25日19時21分

三浦文学の魅力と底力(6)三浦綾子記念文学館の完成 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(6)三浦綾子記念文学館の完成 込堂一博

三浦夫妻の旧宅解体式を機に、「旭川に三浦綾子記念文学館を」をという機運が一気に沸き起こってきました。その頃、パーキンソン病の症状が悪化する綾子さんを、夫の光世さんは忍耐深く日々介護されていました。

2018年12月14日19時28分

三浦綾子記念文学館と見本林、宮部金吾命名の千島桜など 「北海道遺産」に選定

三浦綾子記念文学館と見本林、宮部金吾命名の千島桜など 「北海道遺産」に選定

「三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林」や、植物学者で札幌バンドのメンバーとして知られる宮部金吾が命名した「千島桜」など15件が1日、「北海道遺産」に選定された。

2018年11月12日16時54分

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦文学の魅力と底力(3)旧宅解体と保存運動の渦の中から 込堂一博

三浦夫妻から譲り受けた旧宅をいつまでも空き家としておくのは、防災などの面から心配があると指摘され、教会として旧宅をどうすべきか、判断に迫られました。三浦文学誕生の貴重な住宅なので、「三浦綾子文学館」にしてはという声も上がっていました。

2018年11月02日11時31分

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(2)義妹や日赤療養時代からの友人らが講演

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(2)義妹や日赤療養時代からの友人らが講演

9月28日午後には、三浦光世・綾子夫妻の旧宅を譲り受けて誕生した旭川めぐみキリスト教会(日本福音キリスト教会連合)で、三浦夫妻ゆかりの人たちによる講演会「三浦綾子、光世を語る」が行われた。

2018年10月05日12時08分

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(1)旭川六条教会でシンポジウム 三浦文学に関わる4氏が講演

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(1)旭川六条教会でシンポジウム 三浦文学に関わる4氏が講演

北海道旭川市にある三浦綾子記念文学館が今年、開館20周年を迎えた。それを記念して三浦夫妻の書斎を復元した分館が9月29日にオープンし、一般公開された。その旭川市で、9月27日から29日まで「三浦綾子読書会旭川全国大会」が開催された。

2018年10月04日13時18分

人生の先にある確かな希望

5人の有名人のキリストにある「終活」 込堂一博著『人生の先にある確かな希望』

4月に発売された込堂一博さんの新著『人生の先にある確かな希望』(イーグレープ)は、5人の有名なクリスチャンの終末期の過ごし方から「終活」のヒントが与えられる、伝道にも使いやすい小冊子だ。

2017年08月28日6時24分

人が人らしく生きられるとは? 青山学院大で三浦綾子『銃口』展

人が人らしく生きられるとは? 青山学院大で三浦綾子『銃口』展

三浦綾子の長編小説『銃口』を扱った「三浦綾子 銃口展」が、青山学院大学青山キャンパス(東京都渋谷区)のガウチャー記念礼拝堂・エントランスホールで14日から始まった。三浦の遺言ともいわれる『銃口』が、現代の私たちに語り掛けるものとは何か。18日には講演会も開催される。

2016年06月14日21時51分

全国の小中高生を対象に「第17回三浦綾子作文賞」 10月まで募集

全国の小中高生を対象に「第17回三浦綾子作文賞」 10月まで募集

三浦綾子記念文学館と、同文学館を運営する公益財団法人三浦綾子記念文化財団は、全国の小中高生を対象に、第17回三浦綾子作文賞の作品を募集している。小中高生対象の自由作文部門と、中高生対象の読書感想文部門が設けられている。

2015年07月23日23時55分

三浦綾子記念文学館で終戦70年特別展『銃口』 今、考えておきたい平和

三浦綾子記念文学館で終戦70年特別展『銃口』 今、考えておきたい平和

三浦綾子記念文学館(北海道旭川市)で13日から、終戦70年特別展「『銃口』〜いま、考えておきたい平和のこと~」が開かれている。『銃口』は、1940年から41年に起きた言論弾圧事件「北海道綴方連盟事件」を題材とした、三浦綾子最後の長編小説。

2015年06月21日9時31分

「三浦文学全国移動展示」今年から隔年で開催へ 終戦70年テーマに開催者募集

「三浦文学全国移動展示」今年から隔年で開催へ 終戦70年テーマに開催者募集

三浦綾子記念文学館(北海道旭川市)は、三浦文学に関連する展示物を全国各地で展示する「三浦文学全国移動展示事業」を2年に1度開催することを決定した。第1回目は、4月1日から来年3月31日までで、現在開催者の募集を行っている。

2015年03月21日22時04分

三浦文学と北海道を愛する人が作り上げるファンクラブ「氷点村」、村民登録スタート

三浦文学と北海道を愛する人が作り上げるファンクラブ「氷点村」、村民登録スタート

三浦綾子記念文学館(北海道旭川市)が、先月末からファンクラブ「氷点村」の“村民登録”を開始した。三浦文学ばかりでなく、三浦文学の誕生の地であり舞台となった旭川や北海道を愛する人々が集まり、交流する場として運営していく。

2015年03月20日10時35分

三浦綾子文学館で、写真で見る光世さん追悼展開催中

写真で見る光世さん追悼展、三浦綾子文学館で開催中

三浦綾子記念文学館で1日から、三浦光世追悼展「写真で見る 在りし日の三浦光世館長」が開催されている。昨年10月30日に召天した三浦光世さんは、作家・三浦綾子さんの夫であり、同館の館長を務めていた。

2015年02月18日21時49分

三浦綾子の夫・光世氏召天 90歳

三浦綾子の夫・光世氏召天 90歳

三浦綾子の夫であり、三浦綾子記念文学館館長の三浦光世氏が、30日午後9時46分、敗血症のため北海道旭川市の旭川リハビリテーション病院で召天した。90歳だった。1924年、東京都目黒区生まれ。3歳の時に一家で北海道に移住。

2014年10月31日12時00分

三浦綾子しのび、召天15周年記念集会 広がり続ける出会いの輪

三浦綾子しのび、召天15周年記念集会 広がり続ける出会いの輪

三浦綾子をしのぶ「三浦綾子召天15周年記念集会」が18日、御茶の水キリストの教会(東京都千代田区)で開催された。主催は三浦綾子読書会。綾子氏の生涯を簡潔にまとめた映像の上映、親交の深かった人物による対談、『銃口』の朗読と講演が行われた。

2014年10月20日13時58分

「三浦綾子文学賞」に170作応募、一次選考進む ファンクラブ「氷点村」も会員募集間近

「三浦綾子文学賞」に170作応募、一次選考進む ファンクラブ「氷点村」も会員募集間近

クリスチャン小説家・三浦綾子の処女作にして代表作である『氷点』の50周年記念事業として、今年限りで創設された「三浦綾子文学賞」に、全国各地から170作の応募があった。現在、21人の第一次選考委員により第一次選考が進められている。

2014年08月21日9時22分

馬場和美写真展『泥流地帯』の舞台・十勝岳を望む 5月11日から三浦綾子記念文学館で

馬場和美写真展『泥流地帯』の舞台・十勝岳を望む 5月11日から三浦綾子記念文学館で

クリスチャン小説家・三浦綾子(1922〜1999)の小説『泥流地帯』の舞台となった北海道・十勝岳の豊かな四季を収めた写真展「馬場和美展〜『泥流地帯』の舞台・十勝岳を望む〜」が、5月11日(日)から同24日(土)まで、北海道旭川市の三浦綾子記念文学館で開催される。

2014年04月30日18時02分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース