根田祥一

根田祥一氏、本職の一線を退き韓国系異端捏造サイトの管理者に

根田祥一氏、本職の一線を退き韓国系異端捏造サイトの管理者に

最近の根田祥一氏のフェイスブック上での活動を見ていると、自身が編集した本の紹介がほぼなくなった代わりに、福音派のメディアとして18年の歴史を重ね、キリスト教オンライン新聞として最多数の読者数を誇る本紙に対する魔女狩りに勤しむようになった。

2020年07月23日12時21分

「捏造ノート」提示の取材に信徒暴行問題の張清益牧師も協力か

「捏造ノート」提示の取材に信徒暴行問題の張清益牧師も協力か

異端カルト110番編集長の中橋祐貴氏が昨年、根田祥一氏同席のもと「反キリスト教メディア」として韓国の主要教団から調査中の「ニュースNジョイ」の取材を受けた際、信徒暴行問題の渦中にある同代表の張清益牧師も協力していた疑惑が提起されている。

2019年12月05日18時27分

中橋祐貴氏、事実上のノート捏造認める 根田祥一氏が真っ先に釈明

中橋祐貴氏、事実上のノート捏造認める 根田祥一氏が真っ先に釈明

本紙をめぐる一連の異端捏造事件で、騒動を起こした中橋祐貴氏(異端カルト110番編集長)が、今度は異端疑惑の証拠とされる聖書講義のノートを自身で書いたと述べ、事実上の「捏造」であったことを認めた。

2019年12月03日15時55分

首謀者は根田氏か、ニュースNジョイか JEA報告書に見る本紙への陰湿な妨害

クリスチャン新聞編集顧問の根田祥一氏が編集長だった2004年、本紙に関する虚偽の情報を日本福音同盟(JEA)に提供した事件。本紙はこれまでもJEAに対し、本紙に関する虚偽の情報を基にした決議について謝罪と訂正を求めてきた。

2018年12月19日16時39分

ニュースNジョイ、これは会社なのか?

ニュースNジョイ、これは会社なのか?

ニュースNジョイは、変身に変身を重ねてきた。時には社会団体、時には法人、時には個人事業体のようでもあり、その行方を追跡してみると迷宮に陥るしかない。

2018年12月13日12時58分

ニュースNジョイ関連団体は「キリスト教」か「首領教」か

ニュースNジョイ関連団体は「キリスト教」か「首領教」か

ニュースNジョイに関連する主体思想派性向の団体「美しの村」共同体が、韓国軍にまで浸透し、思想工作として金日成を賛美鼓舞する活動を広げて処罰を受け、大きな波紋を呼んだ。彼らの大胆なまでの歩みは、大学街や教会青年部、宣教団体にまで伸びていた。

2018年12月09日8時34分

ニュースNジョイ関連の主体思想派団体関係者、韓国軍工作摘発され処罰

ニュースNジョイ関連の主体思想派団体関係者、韓国軍工作摘発され処罰

韓国のキリスト教メディア「ニュースNジョイ」と深く関連した主体思想派民族解放戦線(NL)性向の団体「美しの村」共同体の人物が、韓国の軍隊内部で思想工作を繰り広げて摘発され、処罰された事件があったことが確認された。

2018年12月07日22時54分

ニュースNジョイ前編集局長は「NL」、現局長は「幽霊会員」とカミングアウト

ニュースNジョイ前編集局長は「NL」、現局長は「幽霊会員」とカミングアウト

さまざまな関係資料により、「主体思想派」との密接な関係性が浮き彫りになった韓国のキリスト教メディア「ニュースNジョイ」。さらに、ニュースNジョイの指導者が自身の政治的アイデンティーを告白した際の衝撃的な内容が明らかになった。

2018年12月06日14時28分

ニュースNジョイ、主体思想派が韓国キリスト教界に植えた「細胞組織」 韓国メディアが報道

ニュースNジョイ、主体思想派が韓国キリスト教界に植えた「細胞組織」 韓国メディアが報道

クリスチャン新聞編集顧問の根田祥一氏が編集長だった2004年、本紙に関する虚偽の情報を日本福音同盟(JEA)に提供した際、主な情報元となった韓国のキリスト教メディア「ニュースNジョイ」。その実態を報じた記事を紹介する。

2018年12月05日17時57分

日本基督教団の議長声明に関する説明会について

日本基督教団統一原理問題全国連絡会は2月23日、日本キリスト教会館(東京都新宿区)で、同教団の総会議長名義で1月に発表された本紙などに関する声明についての説明会を開催した。

2018年03月05日20時48分

根田祥一氏、言論破壊工作の「黒幕」であることが明らかに

本紙に対する言論破壊工作に関する数多くの情報が寄せられる中、本紙の記事を受け、日本基督教団統一原理問題全国連絡会に関わる齋藤篤牧師(同教団深沢教会)が同日、根田祥一氏(クリスチャン新聞編集顧問)と連絡会に関する新事実を明らかにした。

2018年02月20日15時06分

根田祥一氏による「魔女狩り」騒動に関して

クリスチャン新聞(2月16日付)のコラム「落ち穂」で、本紙に対する記事が掲載された。本紙に対して何かあれば、紙面を通して問題提起をすればよく、それには本紙も紙面で応じる。そうすれば読者が真偽を見極めるだろう。

2018年02月18日16時37分

根田祥一氏、本紙批判声明の情報提供者であることが明らかに

クリスチャン新聞の根田祥一氏が、本紙を批判する日本基督教団の議長声明に関与した疑いを報じてすぐ、同教団の統一原理問題全国連絡会に関わる齋藤篤牧師は「根田祥一氏が、これまでの取材や調査で得た情報や資料を提供してくださったのは事実」と認めた。

2018年02月17日10時35分

根田祥一元編集長、本紙批判声明を背後で主導した疑い

日本基督教団の議長声明(1月27日付)が発表された。声明に対しては多方面から疑問の声が上がっており、さまざまな情報が本紙に寄せられている。その1つが、クリスチャン新聞元編集長の根田祥一氏が、同教団に対して情報提供しているというものだ。

2018年02月16日8時43分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース