首謀者は根田氏か、ニュースNジョイか JEA報告書に見る本紙への陰湿な妨害

2018年12月19日16時39分 印刷

クリスチャン新聞編集顧問の根田祥一氏が編集長だった2004年、本紙に関する虚偽の情報を日本福音同盟(JEA)に提供した事件。根田氏の主な情報元となった韓国のメディア「ニュースNジョイ」がこのほど、さまざまな関係資料により、北朝鮮の朝鮮労働党の指導理念である「主体思想」を支持する韓国の政治団体「主体思想派」と密接に関係していることが浮き彫りになり、現地では保守派のキリスト教団体を中心に同メディアを糾弾する動きが急速に強まっている。

本紙はこれまでもJEAに対し、本紙に関する虚偽の情報を基にした決議について謝罪と訂正を求めてきたが、JEAは18日、2004年に発表した本紙への立場を変更しないことを確認するとの報告書を、加盟団体に向けて発表した。根田氏がJEAに提供した虚偽の情報は、本紙が統一協会と関係があるとする内容となっており、本紙は著しく名誉を毀損された。

本紙が2013年に勝訴した民事訴訟で東京地裁は、本紙が統一協会や異端の教義を信奉しているなどとする表現について、真実ではないと判断し、被告に対して名誉毀損表現の削除と95万円の賠償金などの支払いを命じた。このような明確な判決にもかかわらず根田氏は、判決後も「引き分け」などと主張してきたほか、日本基督教団の総会議長名義で1月に発表された本紙などに関する声明については、根田氏による講演(2016年9月)がそのきっかけであり、声明発表までの動きにも根田氏が深く関与していたことがすでに明らかになっている。

本紙に対する陰湿な妨害を主導するのが、根田氏なのか、それともニュースNジョイなのか。本紙は首謀者に対し、必要に応じて法的措置を含む適切な対応を行っていく。

■ 関連記事:ニュースNジョイ、主体思想派が韓国キリスト教界に植えた「細胞組織」 韓国メディアが報道

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

の最新記事 の記事一覧ページ

『聖書協会共同訳』、造本装幀コンクールで入賞 ドイツの国際コンクールに出品へ

教会の成長拡大に貢献する人財の育成(13)「自主トレ」のすすめ ジョシュア佐佐木

「存在のない子供たち」 誕生日も年齢も知らない・・・ 悲痛なリアリティーを投げ掛ける衝撃の一作

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(2)連携の糸口としてのマルトリートメントの概念 千葉敦志

米国務省、「信教の自由」報告書発表 中国のウイグル族やキリスト教徒への弾圧に懸念

月桃通信(12)敗戦後74年「沖縄慰霊の日」 平和はキリストの十字架の下に 石原艶子

日本宣教論(94)日蓮 後藤牧人

児童福祉法・児童虐待防止法の改正を受けて(1)チャイルド・プロテクション・チームから学べること 千葉敦志

災害と聖書の神―貧しい人・被災者は幸いである 岩村義雄・神戸国際キリスト教会牧師

牧師の小窓(172)終末に生きるキリスト者のための慰めの祈り 福江等

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング