英国パキスタン・キリスト教協会(BPCA)

アーシア・ビビ

アーシア・ビビさん、パキスタンを出国 カナダに到着し家族と再会

イスラム教の預言者ムハンマドを冒とくしたとして死刑を言い渡され、8年収監された末に逆転無罪となったキリスト教徒のパキスタン人女性アーシア・ビビさんが、パキスタンを出国し、カナダに到着した。英国パキスタン・キリスト教協会などが8日、発表した。

2019年05月09日10時40分

クリスマス・キャロル歌っていた神学生ら32人を拘束 インド

クリスマス・キャロル歌っていた神学生ら32人を拘束 インド

インド中部マディヤプラデシュ州で14日夜、クリスマス・キャロルを歌っていたカトリック教会の神学生30人と司祭2人の計32人が拘束される事件があった。理由は、ヒンズー教徒の住民を改宗させようとしたからだという。

2017年12月20日17時11分

パキスタンの学校で生徒が殴られ死亡、転校3日目 宗教理由にいじめか

パキスタンの学校で生徒が殴られ死亡、転校3日目 宗教理由にいじめか

パキスタン東部のパンジャブ州の学校で8月末、転校してきたばかりの男子生徒が、同級生から殴られ死亡する事件が発生した。男子生徒は学年ではただ1人のキリスト教徒で、イスラム教徒の他の生徒たちに転校初日からいじめられていたという。

2017年09月15日13時59分

冒とく罪で死刑判決を受けたアーシア・ビビさん、迫害者を赦す パキスタン

「恐れずキリスト教徒として登録を」 パキスタンで19年ぶりの国勢調査

パキスタンで19年ぶりとなる国勢調査が行われることを受け、同国のキリスト教徒を支援する「英国パキスタン・キリスト教協会」(BPCA)は、少数派のキリスト教徒にとって今回の国勢調査が非常に重要だと話している。

2017年03月09日23時20分

パキスタン

キリスト教徒など少数派保護目指す刑法修正案、パキスタンで成立の見通し

宗教的少数派の保護を目指す刑法の修正法案が6日、パキスタン議会を通過した。パキスタンでは、キリスト教徒などの宗教的少数派が集団リンチで殺されたり、改宗を強制されたり、結婚を強いられたりすることがあり、こうしたことから少数派を守ることを狙いとしている。

2017年02月15日18時21分

キリスト教徒の12人に1人が迫害に直面 北朝鮮は16年連続で最悪

キリスト教徒の12人に1人が迫害に直面 北朝鮮は16年連続で最悪

米国オープン・ドアーズは11日、2017年版の「ワールド・ウォッチ・リスト」を発表した。これは、キリスト教徒への迫害が厳しい上位50カ国をまとめた年次報告書で、今年で25年目になる。それによると、世界のキリスト教徒の12人に1人が迫害に直面している。

2017年01月20日22時50分

アーシア・ビビ

冒とく罪で死刑判決の母親アーシア・ビビさんの上告審延期 なぜ?今後の展開は?

パキスタン人のキリスト教徒で5児の母親でもあるアーシア・ビビさんは、これまでの下級審で冒とく罪のため死刑判決を受けている。死刑囚監房に入れられ、長年苦しんでいるが、13日に予定されていた最高裁での上告審が延期された。

2016年10月20日17時09分

冒とく罪で収監中のアーシア・ビビさん、上告認められ死刑執行延期に

冒とく罪で収監中のアーシア・ビビさん、上告認められ死刑執行延期に

冒とく罪により収監中のキリスト教徒のパキスタン人女性、アーシア・ビビさんの死刑執行が22日、パキスタン最高裁により延期された。既に刑務所で6年余りも過ごしているビビさんには、イスラム教信仰を侮辱したとして、2010年に死刑判決が出されている。

2015年07月27日16時46分

10歳男児、イスラム教聖職者から暴行受け意識不明 モスク建築の労働拒否で

10歳男児、イスラム教聖職者から暴行受け意識不明 モスク建築の労働拒否で

10歳の男の子が、パキスタン東部パンジャブ州で、モスク建築のために働くことを拒み、イスラム教学校の教師に杖で暴行された。パキスタンのニュースサイト「Dawn.com」によると、タイアブ君は意識を失うまで暴行を受けたという。

2015年07月07日11時02分

冒とく罪で収容中のパキスタン人キリスト教徒の母親、健康状態が悪化 歩行困難、吐血も

冒とく罪で収容中のパキスタン人キリスト教徒の母親、健康状態が悪化 歩行困難、吐血も

英国のキリスト教団体が、冒とく罪で死刑判決を言い渡され、現在パキスタンで刑務所に収容されている女性キリスト教徒アーシア・ビビさんの解放を求めるため、同国の大統領と首相に対し連絡を取り、直接訴えるよう呼び掛けている。

2015年06月16日15時50分

キリスト教徒の妊婦に暴行・略奪 パキスタン

パキスタン北東部シェーフープラのキリスト者女性エリシュバ・ビビさん(28)は妊娠3カ月のところをイスラム教徒2人に襲われ、全裸にされて鉄棒などで殴打された。さらに2人は彼女の週給1000ルピー、金のネックレス、携帯電話を奪った。

2014年12月09日16時16分

クリスチャン夫婦焼殺事件 宗教ではなく金銭的な理由からか パキスタン

クリスチャン夫婦焼殺事件 宗教ではなく金銭的な理由からか パキスタン

パキスタンのクリスチャン夫婦が、コーランを燃やしイスラム教を冒涜(ぼうとく)したとして、村人らによりレンガ窯で焼かれ殺害された。しかし後に、殺害の動機が金銭的な理由によるものであり、宗教的な理由からではない恐れがあることが明らかになった。

2014年11月30日23時11分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース