フィリピン・ミッション代表が活動報告 「283人の青少年を海外宣教に」

2007年1月8日19時48分 印刷
+「フィリピン・ミッション」の活動を報告する宮本正子代表(8日午後3時10分、東京中央教会で)

 フィリピン・ネグロス島で開拓伝道や地域奉仕を行う宣教団体「フィリピン・ミッション」の宮本正子代表(聖契キリスト教団グレース・ミッション・チャーチ牧師夫人)が8日午後、東京都新宿区の東京中央教会で開催中の断食祈祷聖会で同団体の活動を紹介し、日本とフィリピンの経済的・霊的状況を比較したうえで「神様が日本を経済的に豊かにしたのは、日本が隣人に分かち合うため。貧しい国々にキリストの福音を分け与えつつ、食物をも一緒に届けたい」と強調した。


 宮本代表は「あなたにもできる海外宣教」と題して15年間の活動を振り返り、国民の70パーセントが貧困以下の生活をしているフィリピンの人々が教会をこころの拠りどころとしていることを報告した。また、「厳しい生活の中でも神様に熱心です。『何もないのに豊かな島、フィリピン』と呼びたい」と話したほか、同団体主催の短期ミッションツアーに参加した高校生の「フィリピンの人々は皆、輝いている。日本に住む私は、必要なものを全て与えられているのに、いつも呟いていることに気づいた」という感想を紹介した。


 「フィリピン・ミッション」は日本から年2回マニラとネグロス島にそれぞれ1週間前後の短期ミッションツアーを実施しており、第1次から昨年の34次までに高校生や大学生283人に教会建設、経済自立援助、福音放送や給食を通じたキリストの愛の実践の場を提供した。ミッションツアーに関する問い合わせは「フィリピン・ミッション」事務局(グレース・ミッション・チャーチ内、03・3908・0888、電子メールmasako7@aol.com)まで。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


宣教の最新記事 宣教の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース