米で「繁栄福音」宣教団体の不正調査

2011年1月10日18時43分 印刷

【CJC=東京】テレビを通じた説教で得た献金を豪華な私生活に流用するなど、米国のキリスト教宣教6団体の不正財務を連邦上院経済委員会のチャールス・E・グラッスリー氏(アイオワ州選出、共和党)が、3年がかりで調査した結果を発表した。これら団体は免税宗教団体とされていることから、明確な説明を求める独立委員会の設定が必要だと結論している。立法や規制ではなく「自己規制」が望ましい、と言う。

一般の非営利団体や慈善団体が詳細な財務報告をIRS(国税庁)に提出しなければならないのに比べると、宗教団体の免税措置は、事業内容をあいまいのままでも認められるなど優遇されている。

「良質な管理と最上の実践に立ち向かうことが課題であり、それにより、宗教の自由を損なったり、非効率な活動を余儀なくされるような規制なしに、免税団体の信用を保持出来る」と言う。

今回の調査は、6宣教団体が、信者からの献金を飛行機、高級住宅、宝石購入に用いたり、指導者やその一族のために営利事業を経営したりしていることについて、福音派キリスト者の中から疑問の声が上がり、それを受けてグラスリー議員が乗り出したもの。

6団体は全て「繁栄福音」宣教を行っている。多額の献金を宣教団体にすれば、自身も繁栄する、と教えている。

6団体の中で、調査に協力、改革を表明したのは『ジョイス・マイヤー・ミニストリーズ』と『ベニー・ヒン・ミニストリーズ』の2団体に留まっている。

不満足な回答をした3団体は、ケネス・グロリア・コープランド夫妻の『ケネス・コープランド・ミニストリーズ』、ランディ・ポーラ・ホワイト夫妻の『ウイザウト・ウォールズ国際教会』、エディー・L・ロング監督の『ニュー・バース・ミニストリー・バプテスト教会』。ロング氏は、性的関係を迫られた、と青年4人から告訴されている。同氏は否認している。

クレフロ・タッフィ・ダラー夫妻の『ワールド・チェンジャーズ国際教会』からは回答がなく、理事の氏名も報酬額も不明。報道担当者にコメントを求めて接触を図ったが、実現していない。

調査を受けて、宗教団体の政策財務問題を審議する委員会が設立された。委員長には非営利団体の運営・財務・税務の専門家マイケル・バット氏が就任した。

※この記事はCJC通信の提供記事を一部編集して掲載したものです。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午前7時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 5,547
(+511)
1,587,209
(+82,837)
死者数 108
(+4)
94,850
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
353,291
(+16,217)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース