出所者の社会復帰に関心を 「受刑者とともに捧げるミサ」

2020年10月20日09時12分 印刷
+出所者の社会復帰に関心を 「受刑者とともに捧げるミサ」
「受刑者とともに捧げるミサ」で説教する菊地功大司教=17日、カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会、東京都千代田区)で

牢(ろう)にいる人たちは、愛するに値しない人ですか――。昨年11月に日本を訪れたローマ教皇フランシスコの問い掛けに応えようと、「受刑者とともに捧げるミサ」が17日、カトリック麹町教会(聖イグナチオ教会、東京都千代田区)で行われた。出所者の社会復帰を助けるNPO法人「マザーハウス」(五十嵐弘志理事長)が主催し、カトリック東京大司教区の菊地功大司教が主司式を務めた。

事前にマザーハウスと交流のある約800人の受刑者にミサの式次第を送付。当日の手違いでライブ中継はできなかったが、ミサの模様をユーチューブで配信した。五十嵐さんは冒頭のあいさつで「祈りとは愛。愛とは実践で、知ることも愛につながる」と語り、出所者の社会復帰に関心を持つとともに、犯罪に巻き込まれた人々のために祈ってほしいと呼び掛けた。

菊地大司教は説教の中で、「教会は無償のあわれみの場でなければならない。すべての人が受け入れられ、愛され、赦(ゆる)され、福音に従う良い生活を送るよう励まされると感じる場でなければならない」との教皇フランシスコの言葉を引用。異なる存在を排除することや他者を裁くことではなく、「いつくしみをもって傷を癒やすための行動を取る」という判断基準が必要だと説いた。

出所者の社会復帰に関心を 「受刑者とともに捧げるミサ」
ミサで祈りをささげる司教ら

一方で、「神のいつくしみは、ただただ優しければそれでよい、何でもかんでもとがめることなく赦せばよいと言っているわけではありません。犯した罪に対する責任を免除するものでもありません」と指摘。「そのことを踏まえながら、過去を省み、赦しを求めている人に善なる道が示されるように祈りたい」と話した。

さらに、犯罪被害者の心と体の癒やしのため、被害者と加害者双方の家族の癒やしと生きる希望のため、また、受刑者や被害者に支援の手を差し伸べようとする多くの人々のために心から祈りたいと述べた。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


教会の最新記事 教会の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース