死刑は「残酷でいつくしみに欠ける刑罰」 カトリック正平協、死刑執行で抗議声明

2019年12月27日11時52分 印刷

日本カトリック正義と平和協議会(会長・勝谷太治司教)は26日、中国籍の元専門学校生、魏巍(ウェイ・ウェイ)死刑囚(40)の刑が同日、執行されたことを受け、安倍晋三首相と森雅子法相に宛てた抗議声明を発表した。

同協議会は声明で、「尊いいのちが国家の手によって奪われた」として、26日の死刑執行に強く抗議。「残虐でいつくしみに欠ける刑罰である死刑の廃止と、それに向けた執行の即時停止」を訴えた。

カトリック教会は昨年、死刑は「人格の不可侵性と尊厳への攻撃」だとして、カテキズム(教理に関する公式な解説書)を改訂。これまでは一部容認する立場だったが、全面的に許容しない立場に変更した。同協議会はこの立場について、「カトリック教会は、刑罰制度の厳格な適応により、死刑以外の方法で、犯罪の再発を防止し、社会の安全を確保することが可能になってきた今の時代、人間のいのちの尊さという原点に立って、死刑制度はその存在理由をもはや失ったと考えている」と説明している。

一方、刑が執行された魏死刑囚は、中国籍の元留学生2人と共謀し、2003年6月、福岡市内の男性宅に強盗目的で侵入。男性の妻と長男、長女を殺害し、首を絞めて仮死状態にした男性と共に一家4人を博多湾に遺棄したとされている。共犯者の2人は中国で拘束され、1人は05年に死刑が執行され、もう1人は無期懲役が確定している。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース