世界宣教祈祷課題(9月28日):ナイジェリア

2020年9月28日10時43分 執筆者 : 奥山実 印刷
+世界宣教祈祷課題(9月28日):ナイジェリア
フラニ族の過激派に襲撃された村の家々(写真:ワールド・ウォッチ・モニター)

ここ数年、ナイジェリアで横行するキリスト者への殺害と暴力、誘拐事件が後を絶たない。

8月に入ってから、過激なイスラム主義のフラニ族の牧童らによって、37人ものキリスト信者がナイジェリア中部のカドゥナ州で殺害された。その中には16歳の少女と、9人の子どもの父、牧師も含まれていたという。

6月には、やはりフラニ族の牧童らによって、キリスト教徒の村が襲われ、3歳の少女を含む10人が殺害された。

彼らは明確にキリスト者を標的としており、治安の行き届かない地方は事実上無法地帯と化している。

英議員連盟の報告によると、2015年に選出されたフラニ族出身のムハンマド・バフリ現ナイジェリア大統領が、同国中部と南部で横行するフラニ族によるキリスト者殺害に対して、事実上、何も対策を講じていないと非難の声を上げている。しかも最近は武装の強力化傾向があり、虐殺者らは自動小銃やロケットランチャーまで装備しているという。

ナイジェリアの迫害下にある兄姉らのために祈ろう。彼らの流された血が、地に落ちた一粒の麦となって大いなる魂の収穫をもたらすよう祈っていただきたい。

■ ナイジェリアの宗教人口
イスラム 45・1%
プロテスタント 37・1%
カトリック 12・1%
土着の宗教 3・3%

※ この記事は、世界宣教センター所長の奥山実牧師のフェイスブックに掲載された「世界宣教祈祷課題」を、若干の編集を加えた上で転載したものです。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


世界宣教祈祷課題の最新記事 世界宣教祈祷課題の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース