目を離さないで生きよう! 菅野直基

2020年8月25日09時06分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

旧約聖書に登場する代表的な預言者といえば「エリヤ」と「エリシャ」です。2人は師弟関係から始まり、やがて同労者となりました。エリヤは死を目前にしたとき、エリシャに「あなたは何を願うか?」と聞きました。エリシャは「あなたの霊の2つの分を私に受け継がせてください」と答えました。

エリヤは、「難しい注文をする・・・」と言いながら、同時に「私があなたの元から取り去られる姿を見るならばかなえられよう」と答えました。いつ天に帰るか分からないエリヤを、エリシャはどうやって見ることができるのでしょうか?「だるまさんが転んだ!」のように、「見ぃちゃった、見ぃちゃった」というようなことでは見そびれてしまう可能性があります。唯一の解決策は、エリヤから目を離さないで生き続けることです。

この聖句から学ぶべきポイントは、エリシャがエリヤから目を離さなかったように、私たちはイエス様から目を離さないで生きることです。「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい」(ヘブル人への手紙12章2節)と聖書は語ります。どんなときにも、イエス様から目を離さないで歩んでいきましょう。

しかし、イエス様だけを見ていたら他のものが見えなくなります。富士山とスカイツリーを同時に思い描くことはできないはずです。そんなときは、同時に重ねて見たらいいのです。小さいときに、太陽を見るために下敷きを使って、透かして太陽を見たことを思い出します。イエス様という下敷きを通して物事を見、世界を見るのです。そうしたら、イエス様から目を離さないで生きられますし、イエス様を通して見るものはすべてプラスであり、祝福であり、喜びと感謝にあふれるのです。

ステキな一日でありますように。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ(メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース