毎日神に立ち返ろう! 菅野直基

2020年7月28日11時16分 コラムニスト : 菅野直基 印刷
関連タグ:菅野直基

会議の前にニンニクとんこつラーメンを食べた人がいました。当人は何も匂わないと感じていますが、周りの人たちは我慢できないほど強い匂いがするのでつらかったと言います。

このように、息の臭いを含めて、人は自分の体臭について分からないものですが、なぜか周りの人は分かるのです。同じように、罪に関しても自分では分かりにくいのです。しかし、罪は自覚してもしなくても、その性質を誰もが持っています。

イエス様は「『罪がない』と言い張るところにあなたの罪がある」と語られました。罪に対して、これはとても深い洞察です。罪を自覚できないということは、罪がないとか、罪が少ないのではなく、もっと罪深いということなのです。

19世紀のロシアの文豪である「トルストイ」は、「人間の最大の罪は鈍感さだ」と言いました。鈍感だと、自分の罪が分からなくなり、罪の赦(ゆる)しが必要だと感じられないので、イエス様が必要なことが分からなくなります。

この状態に陥ると、さらに困ったことが起こります。自分の罪には鈍感なのに、人の罪には敏感になり、自分を棚に上げて人を裁けてしまうのです。

これでは悪循環です。聖書は、人をおとしめ、引き下げ、気分を悪くさせるために罪を語るのではありません。人を赦し、解放し、救うために語っているのです。

「私は人に迷惑をかけないように生きているし、人と比べて罪深いとは思わない!」と感じる人がいますが、罪の基準は自分にあるのではありません。神にあるのです。神の基準で見たら、私もあなたも罪人です。

トルストイが言う罪深さの極みが「鈍感」なら、使徒パウロのように「私は罪人の頭です」と敏感になれる人は、罪の反対の義に近い人なのかもしれません。あなたは、神に対して罪を持っています。しかし、「私には罪がない!」と言うなら、自分と神に対して欺いているのです。

罪とは、犯罪などの行為以前の「神から離れた状態」を指します。創造者であり、いのちの源である神から離れていたことを認め、神に立ち返る毎日でありたいと思います。

ステキな一日でありますように。

菅野直基

菅野直基(かんの・なおき)

1971年東京都生まれ。新宿福興教会牧師。子ども公園伝道、路傍伝道、ホームレス救済伝道、買売春レスキュー・ミッション等、地域に根ざした宣教活動や、海外や国内での巡回伝道、各種聖会での讃美リードや奏楽、日本の津々浦々での冠婚葬祭の司式等、幅広く奉仕している。日本民族総福音化運動協議会理事。

新宿福興教会ホームページ(メッセージをくだされば、皆さんの近くの教会を紹介致します)
菅野直基牧師のフェイスブック

関連タグ:菅野直基

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース