キリストに生かされる人生の喜び 安食弘幸

2020年7月22日11時07分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。(コロサイ1:27)

ラジオ番組の子ども相談コーナーに小学生が電話をかけてきました。「うちのお母さんは毎日毎日ボクに口うるさく言います。朝は早く起きなさい。食事の前には手を洗いなさい。宿題が済んでから遊びなさい。ゲームは決められた時間でしなさい。夜は早く寝なさい。本当に嫌になります。ボクはどうしたらいいのでしょうか」

それに対する相談員の先生が答えました。「朝は早く起きなさい。食事の前には手を洗いなさい。宿題が済んでから遊びなさい。ゲームは決められた時間でしなさい。夜は早く寝なさい。以上、終わり。ハイ、次の方どうぞ!」

もし私たちが律法(聖書の教え)の所に行って「豊かで、幸せで、充実した人生を送るにはどうしたらいいのでしょうか」と聞くなら、律法は言うでしょう。「偶像の神々から離れ、真の神を愛し、心から仕えなさい。そして両親を敬い、盗まず、殺さず、姦淫もせず、うそをつかず、人の物を欲しがらないで生きていくことです。以上、終わり。ハイ、次の方どうぞ!」

しかし私たちはそれは分かっているのです。「分かってはいるけれど、できない。こんな私はどうすればいいのですか」。その答えは律法の中にはありません。イエス・キリストの福音の中にしかないのです。

イエス・キリストは十字架と復活を通して「背きと罪の中に死んでいた」私たちを生かしてくださったのです。この救い主イエス・キリストを信じるとき、「キリストの霊」が私たちの中に宿ってくださるのです。私たちがこの「キリストの霊」に信頼して従って歩むとき、私たちの内でいのちとなり力となって導いてくださるのです。イエス・キリストを信じる者(クリスチャン)の歩みとは、聖書の教えを学んで、それを一生懸命に守ろうとする生活ではなく、内におられるキリストにより頼みながら歩む生活です。

想像してみてください。もし、今モーツァルトがよみがえってあなたの中に入って、あなたの思索、感情、肉体のすべてを完全にコントロールしたら、あなたは何をすると思いますか。ピアノの前に座って次から次へと名曲を作曲し始めることでしょう。もし、ピカソがあなたを支配したら、あなたは真っ白なキャンパスに向かって絵を描くでしょう。そして、それには想像を絶するような高値が付くのです。

もちろんモーツァルトもピカソも単なる楽しい空想で、現実の話ではありません。しかし、イエス・キリストを信じる者の中に「キリストの霊」が宿っているのは現実のことです。パウロは「奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト」と言いました。キリストを信じる者の中におられるキリストが、その人のすべてを完全にコントロールしたら、どんな人生になると思いますか。想像しただけでワクワクしませんか。

イエス・キリストに生かされる人生は何と喜びにあふれたものでしょうか。

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース