トランプ米大統領、白人福音派の支持率減少も依然7割超

2020年7月1日23時55分 印刷
+ドナルド・トランプ
ドナルド・トランプ米大統領(写真:Gage Skidmore)

米世論調査機関「ピュー研究所」は1日、ドナルド・トランプ米大統領に関する最新の世論調査の結果(英語)を発表した。それによると、支持基盤とされる白人福音派の支持率は4月と比べ6ポイント減少したが、依然72%と高い支持率を維持していることが分かった。一方、もともと不支持率が高かったが黒人プロテスタントの間では、4月の74%からさらに悪化し83%が不支持と回答。無神論者・不可知論者のグループと同じ水準にまで低下した。

調査は6月16~22日に実施。4月7~12日に実施した前回の調査と比べると、トランプ氏の支持率は米国人成人全体で、44%から5ポイント減少して39%となり、4割を切った。一方、不支持率は53%から6ポイント増加し59%となり、全体として今年1月の水準とほぼ同じとなった。

今回の調査で、トランプ氏を「強く支持する」と回答した白人福音派は59%で、4月の67%から8ポイント減少した。一方、「もし今日が大統領選の投票日だとしたら、トランプ氏に投票するか」との問いには、82%が「投票する」と回答。これは、2016年の米大統領選直後に実施した世論調査で、トランプ氏に投票したと回答した白人福音派の割合(77%)を上回っている。

米国人成人全体では、バイデン氏に「投票する」と回答した人は54%で、44%のトランプ氏を10ポイントも上回っている。一方、白人福音派を含むプロテスタント全体では、トランプ氏に「投票する」と回答した人は55%で、43%のバイデン氏を12ポイントも上回り逆転する形となっている。しかし、黒人プロテスタントは88%がバイデン氏に投票すると回答し、トランプ氏に投票すると回答したのはわずか8%だった。

カトリック全体では、バイデン氏に投票すると回答した人が52%で、47%のトランプ氏を5ポイント上回った。しかしカトリック内でも、白人に限ると逆転し、トランプ氏に投票すると回答した人が57%なのに対し、バイデン氏は42%で15ポイントの差が出た。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース