黒人のイエス・キリストが描かれた「最後の晩餐」 英国の大聖堂で展示へ

2020年7月1日11時41分 印刷
+黒人のイエス・キリストが描かれた「最後の晩餐」 英国の大聖堂で展示へ
イエス・キリストが黒人として描かれたローナ・メイ・ワズワースさんの「最後の晩餐」(画像:セントオールバンズ大聖堂)

イエス・キリストが黒人として描かれた「最後の晩餐」が4日から、英中部セントオールバンズの大聖堂で展示される。米国の黒人差別反対運動「ブラック・ライブズ・マター」(黒人の命も大切、BLM)への連帯を示すもの。

展示される絵画は、レオナルド・ダビンチの名画「最後の晩餐」をモチーフにしたものだが、中央には両手を広げた黒人のイエスが描かれている。英国人女性画家、ローナ・メイ・ワズワースさんの作品。黒人のイエスは、ジャマイカ出身のファッションモデル、タファリ・ハインズさんをモデルに描いたという。

絵画を展示するセントオールバンズ大聖堂(英国国教会)は発表(英語)で、次のように述べ、BLM運動への連帯を表明した。

「セントオールバンズ大聖堂においてわれわれは、すべての人の尊厳が尊ばれ称賛される、強く、正しく、そして公平な社会を作るという変革の協力者として、BLM運動を支持します。それは、黒人の声が聞かれ、黒人の命が大切にされる社会です」

作品を手掛けたワズワースさんは、「この『最後の晩餐』を描くことで、私たちがいかに『表現されたイエス』を見ることに慣れていたかを考えさせられました」と語った。専門家の間では、実際のイエスは中東の人々が持つ外見的特徴を持っていた可能性が高いと指摘されていることに言及し、「それにもかかわらず、欧州の芸術家たちは何世紀にもわたって、伝統的にキリストを自分たちのイメージで描いてきたのです」と語った。

ワズワースさんの「最後の晩餐」は「祈りのインスタレーション」として、セントオールバンズ大聖堂の北翼廊で今月4日から10月末まで展示される。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース