百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(27)トレイ・ヒルマン 篠原元

2020年1月21日16時46分 コラムニスト : 篠原元 印刷
関連タグ:篠原元
+百人一読―偉人と聖書の出会いから(19)トレイ・ヒルマン 篠原元
トレイ・ヒルマン氏

皆さん。こんにちは。そして、今年初めての百人一読なので、あけましておめでとうございます、と書きますね。今年もよろしくお願いいたします。

さて、最初に2つ質問があります。男性の皆さん&女性の皆さん。思ったことないですか? 正直にね・・・(笑)。「うん?すっごいカワイイ女の子がこっちをじっと見てる。俺に気があんのか?」とかね。ま、何てことはない、あなたの後ろの看板をじっと見てるだけだったりね(笑)。それから「何や?あのオバサン、こっちをにらんできて!!感じ、悪ぃ」とか。ただ単に、目つきが悪いだけの良い人なのかもしれないですよ・・・。

あとさ「えっ、何?! あそこの超イケメンがこっちを見つめてんだけど、さっきから!! マジで何♡」とかね(笑)。それは、あなたと彼の中間にある何かをじっと見てるだけなのかも。それからさ「フンっ! またオッサンがこっちの足を見てる。あーうざっ!!」とかあるんじゃないですか。まぁ、実際そんな人もいるでしょうけど、ただ単に、あなたの自意識過剰かもしれませんねぇ(間違ってたらゴメンナサイ!)。

皆さんありますよね? そんな感じのこと思ったりしちゃうこと。今さっきも思ってました、誰かの視線ゆえに・・・?

はい、もう1つの質問。皆さんは、外見(服装とかね、髪型とかね)普通ですか? まぁ、自分である程度は分かるじゃないですか。「うん、普通」とか、「世間的に言えば普通とは言えないけど・・・、それが何かッあんの?」とかね。

映画観たんですよ。「スタートアップ・ガールズ」(2019年9月公開。上白石萌音さんと山崎紘菜さん主演)っていう作品。起業家と起業家をサポートする人(会社)の物語とも言えるんですけどね・・・、スゴイの、出て来る女の差が!!

1人は、無難イズベストって感じのOL南堀ちゃん(山崎さん演じる)ですよ。その生き方も、服装も、髪型もまさに無難イズベストっていうか、普通ッていうか、とにかく良いの。

で、もう1人の女!絶対に付き合いたくないわ。髪、外見、家の整理整頓度、生き方も全部スゴイの・・・(篠原から言わせば、悪い意味で)。そのような「こんなのと付き合ったら大変だって」女・小松を上白石さんが演じてます。

当然、こんな2人が出会えば、ぶつかりますね。でも、この2人が次第に・・・って、映画の宣伝じゃないので、ここらで終わりなんで、詳しく知りたい人は自分で調べてください。

まぁ、電車乗っててor道歩いててorお店入ってor取引先行って、目に入るほとんどの人は普通ですね、外見は(髪型とか服装とか・・・)。

だけど、時にいろんな意味で普通じゃない見た目の人、いますよね? 半径1メートル、いや半径5メートル以内にも近づきたくない(近づいてはいけない)怖そうな人・・・。「私と同じくらいの年齢なのに・・・。これじゃ、まともな会社で働けないわ。どうせ、どっかでバイトしか・・・」と思わせてくれる人・・・。それと、子ども(甥や姪)と一緒なら絶対に「見ちゃダメっ!」って言うであろうような人、とかね。

はい、でもです!ここからが本題です!! 人は、見た目がすべてじゃないですよ!! そう、見た目(外見、服装、髪型)ですべては分からないですよと言いたいのです。

だってね(話がずれますけど・・・)前にね、警察署の武道始式(警察署の署員が柔道や剣道その他を来賓たちに披露する。どこの警察署も1月に開催)に出席させてもらいました。あえて、A警察署としますけどね、その武道始式の最中に、見るからにそっち系の人、顔もそっち系、体つきもそっち系、髪型もそっち系、雰囲気もそっち系、身振りもそっち系(「そっち系」の連発だな(笑)でも、言いたいこと分かりますよね?)の白い服着た男が・・・。警察署にですよ!!どうなったって?

ただちに署員たちに取り押さえられた? 違います。暴れて、で警察官を振り切って逃げた? これまた、違いますよ。つまりね、皆さん。その、篠原から見たら、そっち系の顔&髪型&雰囲気の白い服着た人、なんと警察官だったわけですよ、柔道着を着た・・・。

でもね、本当に、絶対に、小さな子どもを連れたお母さんなら「しッ!!黙って。早くこっち行くよ!」って、その子の手を引っぱって小走りで遠ざかっていくような顔、髪型、雰囲気なの。でも、その人が、まさにその子どもたちの「憧れの警察官」。いやぁ、外見じゃその人の素性、仕事なんて分かんないですねぇ。

案外「何者?変な人だなぁ」とあなたが今思ってる人、刑事だったりしてね。それから、あなたが「みすぼらしい格好・・・。かわいそうだなぁ。年金で細々と・・・」と今思ってる目の前のおじいちゃん、超大企業の会長さんだったりしてね(笑)。

そう。だから言えます!! 外見がすべてじゃない。外見(服装、髪型とか)では判断できないことがあるのです。ある程度は、判断できるけどね・・・。

なぜこう書くかっていうと、たとえ、外見が普通、いや、超美人で女優のような人がいるとしましょう。でもさ、知らない方が良かった、性格が超悪い!!ってケースもあるでしょう、おそらく。

もしかしたらさ、目の前の美人で清楚そうな彼女、あなたのことを「ケッ。へんな男がこっち見てるわ」とか「アイツ・・・。私に見とれてやんの。私の美貌を見れるだけ感謝なさい!!」とか「あの子、うらやましいのね。私のスタイルとこの美しさが。私と一緒じゃないだけ、良かったわね。一緒だったら、あなたのことなんて誰も見ないわよ・・・」って考えてて、どこででもゴミをポイ捨て、部屋じゃタバコすぱすぱ女かもしれない!

でさ、外見がある意味スゴい女の子がいたとしましょう。金髪でもいいし、銀髪でもいい、もしくは紫色でもいい。で、化粧もめっちゃ濃い!! で、服装もまさにスペシャル級のセンス! でもね「あっ。缶が落ちてる。拾って捨てよ」とか思える女の子なのかもしれない。あと「皆さんが降りるまで、私がボタン押しておくべきね」とか「あそこのおばあちゃん、困ってる。助けなきゃ」と思える人かもしれない。

なぜ、こう言うか。ある日、都内の映画館に行きました。誰が? 篠原がですよ。で、ビルの上の方にある映画館。エレベーターに乗りました。するとね、外見がちょっと普通ではない若い女性が乗ってたの、一緒にね。でもね、この人がね、皆が一斉に降りる階でね、最後までエレベーターの開ボタンを押してましたよ。

いやぁ、感動。「えっ? あんたが、やるの!?」って感じですけどね、このような親切、思いやりの行動できる人って意外と少ないですよね。超かわいい女の子でも、やんないでしょ。普通は・・・。でも、あの女性、やってくれたんですよ!!

(なので、美しい女性の皆さん。ぜひ、そんな思いやり、エレベーターの開ボタンを皆が降りるまで押していてあげる・・・、やってみてくださいね。美しさだけじゃなく、人格、内面の美しさも上がりますよ♪)

そう。外見は大事。また、外見である程度分かる。でも、外見がすべてじゃないのです。外見が、その人のすべてをあなたに教えてくれるわけではないのです。

はい。最後に、大事な大事な結論部分にいきます♩ 映画「空飛ぶタイヤ」(2018年公開。長瀬智也さん主演作品)にもね、外見がちょっと・・・、まぁ、不良っぽい青年が出てくるわけですよ。で、彼は運送会社で働いているわけ。まぁ、問題もある。いろいろと・・・。外見はまさに、金髪、耳ピアス。「クビにしろ!!」と言う声も社長の耳に届く。

でね、ある日、その運送会社のトレーラーが大事故を! 脱輪事故!! しかも、単独事故じゃない。なんと、そのタイヤが道を歩いている親子の方に、スゴイ勢いで飛んでいくわけ!! で、お母さんに直撃、そのお母さんが・・・!! もう、大変な事件、最悪の事態、人命が奪われた!!

でね、そのトレーラーの整備担当が、あの外見が普通じゃない部類の、耳ピアス男・門田(阿部顕嵐さん演じる)だったわけ。もう、クビですよ! 誰だって、いい加減な生き方してる門田のいい加減な整備のせいで脱輪したって思いますよね。

でもね、後日、大変なモノが見つかるわけ!!門田のロッカーからね。皆さん!何だと思います? なんとね、血まみれの包丁が・・・じゃないの! ロッカーの中にあったのは、金髪ピアスの門田が独自に作っていた、徹底した整備の記録ノートだった・・・。

そう彼は、外見は金髪ピアス、普通のサラリーマン、また先輩たちとは違っていた。でもね、自分の仕事は本気でやってたの!! 普通はやらないチェック(点検)を彼はしっかりとやっていたの! 普通の点検じゃなく、超綿密な点検、整備をしていたのよ。外見はアレでも。

そのおかげで、その整備の記録の存在ゆえに、話がひっくり返っていく、大逆転が起こるわけですよ、皆さん。詳しく知りたいって方は、DVDを借りましょう♪

最後の最後に、何が言いたいか?「外見はどうでもいいですよ、金髪にしましょう。着たいような服を自由に着ましょうよ。で、仕事をしっかりやれば良いじゃないですか! 結果出せば、文句言われないんだから!!」・・・ってことではないです!

そんなこと言いませんわ! つまりね、金髪&耳ピアス・門田の基準以上の徹底した仕事と記録のおかけで、物語はひっくり返りました。だから、最低限&習慣的にやっていることに追加して、今日から、プラスあることをしませんか?

今もやることいっぱいあるでしょうし、チェックすべきことも毎日たくさんでしょう。でも、それらプラス、ですよ。耳ピアスの門田君もやるべきことプラスで他にもやっていた(点検などを)ので、最後は勝ちました!

皆さん、2020年、勝ち組になりましょ!! 毎日、やるべきことはやっていますよね。睡眠、食事、トイレ、仕事・・・。そして、それプラス、やりたいことをやっています。趣味、恋愛、SNSのチェックとか・・・。

今日、提案。門田のように基準を上げて、何かプラスして、勝ち組になりません、今年。で、今の皆さんの生活、生活パターンに何をプラスするかって? 篠原が、ここから何を薦めるかって?

ここは、百人一読。もう薄々分かってる方もいるでしょう。その人は素晴らしい! はい、薦めるのは、聖書です!!

皆さん。2020年は、世界のベストセラー、聖書を読み始めて、読破しない? 聖書って、世界の偉人たちが読んできた書物なんですよ。ヘレン・ケラーも福沢諭吉もリンカーンもチャーチルもバッハもゲーテもガリレオも、読んでいたのです、聖書を。

あとね、あのプロ野球の北海道日本ハムファイターズの日本一に貢献した、元監督ヒルマン氏も同じ。ヒルマン元監督はこう言っていますよ。「旧約聖書、新約聖書をバランスよく読むこと、そうすることで、自分の魂を落ち着かせています」(『100人の聖書』39ページ)。

皆さんストレスあるでしょ。毎日、同じようなことの繰り返しって感じかもしれないですが、ストレスありますよね?

特に、客の態度!「客だからって、何言っても良いわけじゃないヨ!!」って、一日に何度も思わない? 口から出かけたりね・・・(笑)。あとは、店員さんの態度!「ふんっ!どーせ、買うつもりないんでしょ」とか言ってるような視線、感じて嫌にならない?

それから家で! 忙しく掃除とか炊事とか洗濯とかって動き回ってんのに、何にもしない・・・ばかりか、ゲームとかをしてやがる旦那(息子、娘)とかね。または職場! こっちは、死ぬほど忙しいのに、急に有給とか取る後輩・・・&楽しそうに会話してる先輩たち!!

だから、今の生活、生活習慣にプラスしませんか? 世界のベストセラー聖書を読むってことを。ヒルマン元監督のように・・・。Bible を読んで、心を落ち着かせ、余裕を持って生きる術を得ていく。そんな2020年にしませんか?

次回の百人一読は、日本のプロ野球界でも大活躍したジェイソン・スタンリッジ氏が登場。「うそ」と「名探偵コナン」のコラボ! 2月11日のアップ、お楽しみに!!

<<前回へ     次回へ>>

【書籍紹介】
篠原元著『100人の聖書

『100人の聖書』

本書を推薦します!
「他の追随を許さない数と挿話」
――奥山実牧師(宣教師訓練センター[MTC]所長)
「牧師の説教などに引用できて便利」
――中野雄一郎牧師(マウント・オリーブ・ミニストリーズ)
「聖書に生きた偉人たちの画廊」
――峯野龍弘牧師(ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会)

ご注文は、全国の書店・キリスト教書店、Amazon、または、イーグレープのホームページにて。

篠原元

篠原元(しのはら・げん)

1991年7月、東京都千代田区生まれ。プロテスタント・炎リバイバル教会伝道師。JTJ宣教神学校卒業、アンテオケ国際宣教神学校卒業、同神学院中退。現在、VIPクラブ、キリスト教各団体、ホテルなどにて講演、またテレビ番組「ライフ・ライン」などに出演するなど多方面で活動中。2017年1月に有志のメンバーにより設立された社会福祉活動団体「100人の聖書基金」の、学校・児童養護施設・病院などへの書籍寄贈活動に著者として携わっている。著書に『100人の聖書』(発行:イーグレープ)がある。

炎リバイバル教会ホームページ

関連タグ:篠原元

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース