教会の成長拡大に貢献する人財の育成(23)仕事と献身 ジョシュア佐佐木

2019年12月11日10時33分 コラムニスト : ジョシュア佐佐木 印刷
+教会の成長拡大に貢献する人財の育成(23)仕事と献身 ジョシュア佐佐木
(写真:MichaelGaida)

今まで出会った《霊的》と自負している方々の中には、祈りと主との交わりと、霊的成長のために、すべての時間を用いることを宣言して、仕事(生業)を辞めてしまう人が多数いました。

彼らは、周りの兄弟姉妹の善意や好意を利用して生活をすることになります。関係者に大きな負担と犠牲をかけながらも、「自分自身は《霊的》なので、世の中の仕事に従事することは《肉的》である」というような考えを持ち、行動をするのです。彼らは《献身》の意味を勘違いしているのです。その結果、周りの方々から徐々に敬遠され、彼らは破綻していきました。

聖書は、このような生き方を認めてはいません。私たちクリスチャンは全員、祈りと主との交わりと、霊的成長をするために召されています。それと同時に、仕事に就いてシッカリと働いて、経済的必要を満たし、隣人をも祝福していくことを求められているのです。伝道を考えるとき、仕事をとおして社会とつながっていることはとても重要なことですし、社会で人々と交わる中で信仰が試され、信仰を働かすことができ、霊的に成長することができるのです。

 《献身》をしてフルタイムのミニスターとして教会で仕事をしていくということは、世の中で行われているどの仕事よりもハードな仕事であること、そして壮大で重要な仕事に従事するのだということを認識していただきたいのです。多岐にわたる能力と知識が必要です。集中力と忍耐力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、プロデュース能力、交渉力などの能力を求められ、日々それらの能力を高める努力をしていかなくてはならないのです。一般の企業などで求められるよりも高い基準で考える必要があります。つまり、社会の中のさまざまな仕事に従事する以上の働きを求められるのです。

なぜならば、フルタイムのミニスターは、所属する教会の人的ならびに経済的な成長拡大に貢献することによって、その教会が受けた祝福の中から、経済的な報酬を受け取ることになるからです。一般企業では、会社の成長拡大に貢献できない社員は、研修プログラムでトレーニングを受け、能力を高めて現場に戻るか、或いは解雇されるか、ということになります。献身したフルタイムのミニスターが、主から解雇されることはありません。ですからなおさらのこと、強い責任感を持って、主が与えてくださったミッションとヴィジョンを全うするため、日々徹底的に努力をしていかなくてはならないのです。

我々の宣教地は現実社会のただ中にあります。社会に素晴らしい影響を与えるクリスチャンと教会でありたいと心より願います。

ハレルヤ!!

盗みをしている者は、もう盗んではいけません。かえって、困っている人に施しをするため、自分の手をもって正しい仕事をし、ほねおって働きなさい。(エペソ人への手紙4章28節)

<<前回へ     次回へ>>

ジョシュア佐佐木

ジョシュア佐佐木(じょしゅあ・ささき)

巡回伝道者、ワーシップ!ジャパン宣教人育成学院学長、JTJ宣教神学校講師、東京基督教大学非常勤講師、東北応援団LOVE EAST事務局長、日本CBMC理事、一般社団法人日本ゴスペル音楽協会理事長、一般社団法人GOSMACミニストリーズ専務理事。

国立音楽大学大学院修士課程修了、ヴィオッティ音楽院(イタリア)修士課程修了。欧州と北米にてオペラ歌手として活動後、ゴスペル音楽家に転向し北米ツアーを敢行。米国にて教会の音楽主事、ワーシップリーダーなどを歴任後帰国する。大和カルバリーチャペルにてスタッフとして務めながら国内巡回伝道を開始。日本で唯一の音楽系の神学校、ワーシップ!ジャパン宣教人財育成学院(当時:日本宣教音楽学校)を創設し、日本の礼拝音楽の質の向上と、アグレッシブに伝道する宣教人財の育成に尽力している。

j-worshipシリーズCD全5巻、マンスリーワーシップCD全12巻をプロデュースしている。著書に『グローリー・トゥ・ゴッド』(いのちのことば社)など。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース