教会の成長拡大に貢献する人財の育成(20)信仰による前進 ジョシュア佐佐木

2019年10月9日22時24分 コラムニスト : ジョシュア佐佐木 印刷
+教会の成長拡大に貢献する人財の育成(20)信仰による前進 ジョシュア佐佐木
(写真:Mrexentric)

信仰は、現在は物理的には影も形もない思いや考えを、物理的な実体や現象としての事実に転換するための原動力です。祈り求めるものは、すでに得たと信じること。今は見えていないものを、見ずに信じ切ることが肝要なのです。

宣教事業(ミニストリー)や自身の人生において、数々の試練や問題が目の前に立ちはだかることは当たり前のことです。そんな時に、うまくいかないことを社会のせいにしたり、周りの人々のせいにしたりします。

あの人がシッカリと仕事をしないから問題が起こったのだ、とか。彼がリーダーに従わないからチームが分裂したのだ、とか。学校の先生が教えてくれなかったからできなかったのだ、とか。ありとあらゆる自分以外の原因を探し出して文句を言いたくなるものです。

そんな時は落ち着いて、我らの主イエス・キリストのパワーを再確認しましょう。私たち人間の力では到底、打ち破ることのできない大きな山のような試練や問題も、主の力を信じるならばブレークスルーすることができるのです。

ポイントは、その信仰を持つか否かです。

実は、目の前に巨大な試練や問題が立ちはだかったときこそチャンスなのです。正面から堂々と立ち向かい、信仰によって解決していくことは、私たちクリスチャンの成長にとってなくてはならないことです。ブレークスルーを体験するたびに、私たちの信仰はさらに強められ、クリスチャンとして成長していくのです。

宣教事業(ミニストリー)において信仰を育む心構え 七カ条

第一条  主から与えられた使命と明確なヴィジョンは、必ず実現するので、どんなことがあっても忍耐強くそれを追求する。

第二条  祈り求めるならば必ず与えられるので、毎日決めた時間に祈る。少なくとも30分は必要。

第三条  聖霊のパワーを知っているので、いつも心にお迎えし、聖霊充満で宣教事業(ミニストリー)に臨む。

第四条  主から与えられた使命とヴィジョンを文章化し、それが実現するまで決して諦めない覚悟を決める。

第五条  日々の生活において、何よりもまず神の国と神の義を求める。

第六条  人にしてほしいと思うことを、まず周りの人々におこなう。

第七条  憎しみや嫉妬、利己心などを心から排除し、自分を愛するように周りの人々を愛する。

以上を実践しつつ、巨大な試練や問題を乗り越えていくときに、神様への信頼が増し加わり、クリスチャンとして大きな成長を遂げることができます。

困ったときにこそ「信仰」あるのみ!! イエス・キリストの名により果敢に攻めていきましょう。

ハレルヤ!!!!

金銀はわたしには無い。しかし、わたしにあるものをあげよう。ナザレ人イエス・キリストの名によって歩きなさい。(使徒行伝3章6節より)

<<前回へ

ジョシュア佐佐木

ジョシュア佐佐木(じょしゅあ・ささき)

巡回伝道者、ワーシップ!ジャパン宣教人育成学院学長、JTJ宣教神学校講師、東京基督教大学非常勤講師、東北応援団LOVE EAST事務局長、日本CBMC理事、一般社団法人日本ゴスペル音楽協会理事長、一般社団法人GOSMACミニストリーズ専務理事。

国立音楽大学大学院修士課程修了、ヴィオッティ音楽院(イタリア)修士課程修了。欧州と北米にてオペラ歌手として活動後、ゴスペル音楽家に転向し北米ツアーを敢行。米国にて教会の音楽主事、ワーシップリーダーなどを歴任後帰国する。大和カルバリーチャペルにてスタッフとして務めながら国内巡回伝道を開始。日本で唯一の音楽系の神学校、ワーシップ!ジャパン宣教人財育成学院(当時:日本宣教音楽学校)を創設し、日本の礼拝音楽の質の向上と、アグレッシブに伝道する宣教人財の育成に尽力している。

j-worshipシリーズCD全5巻、マンスリーワーシップCD全12巻をプロデュースしている。著書に『グローリー・トゥ・ゴッド』(いのちのことば社)など。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース