前教皇ヨハネ・パウロ2世、暗殺未遂事件翌年にもナイフで負傷

2008年10月18日01時58分 印刷

前ローマ教皇の故ヨハネ・パウロ2世が1981年に起こった暗殺未遂事件の翌年にも、神父からナイフで切りつけられ負傷していたことが15日、明らかになった。ロイター通信が伝えた。

前教皇は1981年5月、バチカンのサンピエトロ広場でトルコ人に銃撃され、重傷を負ったが一命を取りとめた。同通信によると、事件から1年後の82年5月、前教皇は生き延びたことへの感謝を神に伝えるため、聖母マリア出現の奇跡が起こったとされるポルトガルのファティマを訪問したが、その際、スペイン人神父にナイフで切りつけられたという。

犯行に及んだ神父はローマ教皇庁内の保守派だったとされるが、動機は不明。事件による前教皇の怪我は軽かったため、これまで公表されていなかったが今回、前教皇の側近を長年務めたジウィシュ枢機卿が前教皇を偲ぶドキュメンタリー映画の中で初めて明らかにした。

一方、前教皇を暗殺しようとしたトルコ人のメフメト・アリ・アジャは、現場ですぐに群集によって取り押さえられ、終身刑となる。前教皇は事件後、「私が許した、私の兄弟(アジャ)のために祈ってください」などと語り、1983年には刑務所でアジャと面会。「私は彼を許し、完全に信頼できる兄弟として話しました」などと語った。2000年に前教皇の恩赦により釈放されトルコに送還されるが、暗殺未遂事件前にトルコで25年の実刑判決を受けていてため、現在も服役している。

第264代ローマ教皇として、1978年から2005年までの約26年間在任した故ヨハネ・パウロ2世は、世界平和と戦争反対を広く訴え、宗教の枠を超えて全世界の人々に多大な影響を与えた。特に宗教間対話では、他宗教との対話促進を積極的に進め評価が高い。葬儀には約30万人が参列、サン・ピエトロ広場に入りきれなかった人々も約200万人おり、参加人数において史上最大規模のものとなった。

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

国際の最新記事 国際の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング