闇から光へ~的外れからの解放~(92)新たなステージの始まり 佐伯玲子

2019年8月26日11時03分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

体の大修理と回復、カルト宗教との完全決別、送り出されての転会、その先に示された「賛美クス」。啓示された第1曲目は、「Sing Your Praises」(Matt Gilman)・・・。という訳で、早速コリオ制作に取り掛かりました。クリスチャンとして、新たなステージの始まりでした。

前半の振り付けは、「賛美クス」の名称と共に、一気に思いに流れ込んだので、あっという間に出来上がったのですが、その後、ノンクリスチャン時代のいつもの癖で、 頭で考え過ぎて、自分の力(肉の思い)で作ろうと頑張ってしまい、煮詰まってしまいました。「神様に委ねる。全てを明け渡す。自分が頑なに問題を握り締め、自分の力で何とかしようと頑張ってしまうと、神様が働きたくても働くことができないんだよ」と、マルセ先生から教えられました。

自分の力で頑張ろうとすることは、「善悪を知る木の実」を食べてしまう行為であると。そこで、焦らず、神の御声を聞こうと思いました。「御声を聞く」ということが、どのようなものなのか? よく分かっていませんでしたが、「思いに与えられる」と言われました。

私たちの内に住んでおられる「聖霊様」に導いていただく。そのためにまず「異言」で祈ることを勧められました。当時は、まだ異言で祈ることに慣れていなかった上、言葉も2フレーズしかありませんでした。しかし、「口」というか「舌」を委ね、祈り続けてみました。

すると突然、異言に変化が起き始め、新しい言葉が次々と口から解き放たれていったのです。上から来る「力」を感じ、下腹の辺りが熱~くなりました。「聖霊様。自分で作ろうと頑張ってしまったことをお赦(ゆる)しください。悔い改め、全てを委ねます。後半の振り付けを教えてください。イエス・キリストの御名を通し、受け取る!と、宣言します!!」と、祈りました。

「御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。 人間の心を探り窮(きわ)める方は、御霊の思いが何かをよく知っておられます。なぜなら、御霊は、神のみこころに従って、聖徒のためにとりなしをしてくださるからです」(ローマ8:26、27)

この御言葉が成されていたのだと思います。その後、体の余計な力が抜け、頭ではなく、思いの中に、振り付けの映像が与えられていきました。「なぜ、その振り付けなのか?」という意味も、聖霊様が教えてくださいました。現在、“賛美クス”ナンバーは随分増えましたが、どれも聖霊様に示されて選び、「聖霊様が示したからには、必ず、聖霊様が責任を持って振り付けを教えてくださる」・・・このような確信を段々得ていきました。

「Sing Your Praises」の賛美クスが完成して間もなく、「主イエスの恵み教会」(所属教会)新会堂(前会堂。現在は事務室)の献堂式が催されることになり、余興に加えていただき、初披露となったのです。教会の新たな船出とともに、主から初めて与えられた“賛美クス”をやらせていただけたのは、大きな恵みでした。

献堂式は、2回に分けて行われ、2回目のご招待者の中には、マルセ先生ご夫妻が卒業された神学校の理事長ご夫妻、神学校時代からのご友人、久米小百合(久保田早紀)さん他、重鎮的存在の先生方も多くご出席され、なんと“賛美クス”をご一緒に踊ってくださったのには、とても感動致しました。主のご好意に感謝致します。

それから間もなくして、その神学校で行われたご主人の英一先生の牧師按手式でも、賛美クスをさせていただくことになり、てっきり式後の余興で行うと思っていたのが、なぜか?!式典のプログラムに組み込まれていて、皆びっくり!! しかし、事の重大性を分かっていなかった“新人”の私は、エアロインストラクター級のハイテンションで飛ばしてしまったのです。マルセ先生、英一先生はじめ、教会メンバーには大ウケでしたが、かなり、神学校の先生方を驚かせてしまったようでした(^_^;)

その後も、“賛美クス”を通して、主の素晴らしさを体験するエピソードは増えていきました。

【イベント情報】ゴスペル界の重鎮と新鋭ゴスペルアーティストが集結! 湘南ゴスペルフェスティバル、茅ヶ崎で9月28日

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース