闇から光へ~的外れからの解放~(93)爆報!密着取材 佐伯玲子

2019年9月9日14時33分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

教会の献堂式に続いて、英一先生の神学校での牧師按手式、と“賛美クス”を披露する場を与えられましたが、その恵みは止まりませんでした。

マルセ先生の紹介で、クリスチャン新聞の取材を受けることになり、“賛美クス”のことを記者のNさんにお伝えしたところ、「ぜひ、行っているところを取材させてください」と仰ってくださいました。ちょうどタイミング良く、数日後の芸能マスコミ関係の交流会で“賛美クス”をすることが決まっていたので、日程はすぐ決まりました。

その後、教会メンバーの愛ミチコさん(多くのクワイヤのディレクターであり、シンガーとしても活躍)に協力を得て、調布で定期的に「賛美クスワークショップ」を行い始めたとき、「ネット検索で見つけた!」と、クリスチャントゥデイの記者Rさんからの取材依頼が来ました。また、金沢市で制作会社を経営している旧友Mさんから「得意先の企業イベントでやってほしい」との出演オファー、さらに、CGNTV(クリスチャン専門チャンネル)、FM横浜の人気番組・・・と、次々と出演や取材の依頼が舞い込んできました。その度、協力してくださった教会の「神の家族」に心から感謝致します。

クリスチャンメディアだけでなく、一般メディアからも声が掛かり始めた頃、なんと、TBS「爆報!THEフライデー」(以下「爆報」)から、知り合いを通して出演依頼が来たのです!!

「爆報」といえば、お笑い第三世代の同期、爆笑問題の2人がMCを務め、芸能界から姿を消してしまった人たちの消息をたどり、現在の状況を紹介する「あの人は今?」的番組で、毎回豪華ゲストがコメンテーターとして多数出演している毎週金曜午後7時からの人気番組です。「特に一世を風靡(ふうび)した訳でもない私が、なぜ取り上げられるのか?」と、不思議に思いました。「爆笑問題の同期」ということにしても、もっと他の方もいらしたと思うのですが・・・。「神のご計画」には、本当に驚かされます。

しかし、事態はさらに、驚くべき方向へと進んでいきました! 当初は、番組前半5分程度の短い出演だったのですが、初めて制作の方と電話で話した際、「墓信仰の宗教に洗脳されて、命の危機もあった」と伝えた途端、「もっと詳しく聞かせてください!」と、とても興味を持たれました。そして、調布にあるカフェで、墓信仰宗教Xとの出会いから、洗脳され、解けて脱会するまでの過程について、じっくりと、約3時間!!の取材を受けました。

後日、私の放送枠が、番組後半全部を使う“特別企画”枠に変更になった!と連絡が入りました。X JAPAN の TOSHI さん、辺見マリさんなど「芸能界における、カルト&新興宗教洗脳問題」は、ちまたが大いに興味を持つ話題で、高視聴率になる可能性が高い内容でした(結果、かなり高視聴率だったそうです)。そのため、取材規模も拡大され、放送日もその分、先延ばしとなりました。

間もなくして、「爆報!密着取材」がスタートしました。現在の活動風景と、自宅でのロングインタビュー(当時、小学5年生の息子も、顔と名前を伏せてインタビューをされました)、活動映像は、講師を務めていたタレントスクールのレッスンと、万座温泉日進舘でのフロアショーの風景を撮影していただきました。マルセ先生が、フロアショー出演と、チャペルタイムでのメッセージをされる際、教会メンバーもご一緒させていただくことがあり、ちょうどタイミング良く、私も組み込んでいただき、フロアショーで“賛美クス”を行っているシーンを撮影していただくことができました。

これらの映像に再現ドラマを網羅し、コーナーは構成されました。第1稿目の台本では、かなりのフィクションは入っていたものの、牧師となったマルセ先生との再会がきっかけで洗脳が解け、脱会する内容になっていたのですが、いろいろテコ入れがなされ、最終の決定稿からは、イエス様に関する内容はすっかり取り除かれていました。ディレクターの話によると、「何度も吟味した結果、一般的観点から、“クリスチャンになって救われた”という内容は、単に、信じる宗教が変わっただけで、ほとんどの視聴者が、洗脳が解けたとは思わないだろうし、それに対する反発も起きるかもしれない。だから、今回は外して、あくまでも“洗脳が解けた”ことを強調することになりました」ということでした。

「確かに、その通りだ」と思いましたが、良い伝道の機会だと喜んでいた私は、「自分の信仰が、祈りの力が足りなかったのかも・・・」と落ち込みかけました。すると、内側から「大丈夫だよ」という声が、思いに上がってきました。聖霊様が語ってくださったと感じました。それは、オンエアを観たとき、たくさんの方を通して与えられていた「主の好意」を見たからでした。

【イベント情報】ゴスペル界の重鎮と新鋭ゴスペルアーティストが集結! 湘南ゴスペルフェスティバル、茅ヶ崎で9月28日

<<前回へ

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース