闇から光へ~的外れからの解放~(88)副鼻腔炎の手術 佐伯玲子

2019年7月1日12時16分 コラムニスト : 佐伯玲子 印刷
関連タグ:佐伯玲子

2013年11月13日午後1時、副鼻腔炎の手術が始まりました。全身麻酔、内視鏡による手術。この日、母は立ち会えませんでしたが、S先生(所属教会主任牧師)が立ち会ってくださり、元夫Aと息子も来てくれました。

昔の、顔の皮をめくり上げる大掛かりな手術も、今は内視鏡で行えるようになり、体の負担が随分と軽減された、とはいうものの、私の場合、市販点鼻薬の長期使用により、鼻中の皮膚が薄くもろくなっていて、大量出血を繰り返す中、すべての鼻腔から膿とポリープ(海ブドウ状)を除去、湾曲した鼻中隔の骨を削る矯正、最後に骨化したラスボス「後鼻孔ポリープ」(腫瘍の正式名称)の取り出し、という盛りだくさんの内容だったため、相当ハードな手術だったそうです。

麻酔から覚め、ストレッチャーでICUへと運ばれる中、助手の先生が、透明カプセルに入った"ラスボス"を私の目の前にかざし、「ほら、こんな大きなモノが取れたよ!良かったね~!」とうれしそうに見せてくださいました。視神経近くに君臨していたラスボスは、真っ白くて丸く、イイダコの頭大の大きいものでした。放置し続けていたら、さらに巨大化と骨化が進み、視神経を圧迫して目に影響が出て、もっと困難な手術になっていたことでしょう。

ICUに入り、ホッと一息付くや否や、ガーゼと綿を大量に詰められていた両鼻から、ポタポタと血が溢れ出しました! 執刀医のY先生と助手の先生が駆け付け、止血処置してくださったのですが、その処置というのが、強烈!痛烈!オーッ猛烈!! 私の鼻をギュッと摘み上げ、ギュイーーッと力強く押さえつけるではありませんか(:*O*:)。鼻の奥の奥までパンパンにガーゼと綿を詰められているだけでも相当痛いところに、さらに輪をかけた驚異的圧迫をされたものですから、その激痛たるや・・・。が、中盤から痛みを通り越し、何とも言い表せぬ不思議な世界へと思考が飛び、痛いのかどうかも分からなくなっていました。人間の体は実にうまく出来ているものです(笑)。天のお父様、感謝致します!

鼻をつままれ、強く圧迫されたまま、時は流れ流れて約1時間・・・。ようやく出血は完全に止まり、激しい攻防戦を無事勝利しました。「よく頑張ったね。お疲れ様」と言われましたが、長時間ずっと止血してくださった助手の先生も、相当お疲れになったことでしょう。本当に感謝でした。X教とつながっていたとき、同大学病院の医師から酷い仕打ちを受け、傷付いた苦い記憶を、イエス様は感謝と感動の良い思い出で上書きし、忘れさせてくださいました。

その後、入院中のガーゼ交換などの処置のたび、大量の鼻血が出て、通常より鼻の詰め物を取る時期こそ遅れたものの、着実に回復へと向かい、ついに長~いガーゼの詰め物(1メートルほどあったかも?!)を取り除いたとき・・・驚異の鼻通りの良さに、歓喜の雄叫びを上げたくなりました。息苦しい夜は終わったのです! 口呼吸しかできないことで、風邪やインフルエンザにかからないか?と、怖くて片時もマスクを外せなかった苦しみから解放された!・・・その感動は最高でした!!! 息ができない=「死」に打ち勝った!!と言っても過言ではありません。

そして、予定より1日早く、5日で退院。これで、私の動きを封じていた“邪悪な2つの巨大な塊”は、すべて追い出されたのです。術後の経過も順調で、バセドウ病の症状も数値が安定し続け、投薬量も減りました。「さあ、これで加速をつけ前進だ!」と、意気込んだ矢先・・・Xから新たな攻撃が勃発したのです!

<<前回へ     次回へ>>

佐伯玲子

佐伯玲子(さえき・れいこ)

愛知県豊田市出身。名古屋造形芸術短期大学造形芸術科プロダクトデザインコース卒業後、役者を目指し上京。幼少より得意だった物まねを生かし、ホリプロお笑い部門第1期生として、バラエティーやドラマ、舞台などで活動。結婚後は、プレイヤーの他、脚本、演出、プロデュースといった制作活動を行う。26歳の時に出会ったカルトの洗脳により、離婚、度重なる病やけがで、生命危機一髪の2012年秋、イエス・キリストに出会い、22年間に及ぶカルト洗脳から救われる。2015年春より、神様から賛美を使って歌って踊るエクササイズ「賛美クス」を与えられ、フィットネスを通した伝道を行っている。教会はもちろん、ノンクリスチャンの人たちに、賛美の「力」と「神様に感謝をささげることの喜び」を、ステージパフォーマンスやレッスンを通して発信している。「主イエスの恵み教会」所属。

B.B Wonderland公式サイト

関連タグ:佐伯玲子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング